ファクタリングと銀行融資の違いについて

資金調達にはさまざまな種類がありその手段の一つとして挙げられるファクタリング

よく銀行融資などと混同されがちですが、実際は全く別物になります。

 

本記事では「ファクタリング」「銀行融資」の内容を解説するとともに、どちらを利用するのがおすすめか目的別に事例なども紹介していきます。

 

また、読み終わる頃には「ファクタリング」「銀行融資」の違いを理解し、どのような人に向いているのかがわかるようになると思いますので、ぜひ最後までお読みください。

 

 

銀行融資

 

どういう人が使うのか

 

銀行融資は、起業時の運転資金や新規事業立ち上げの資金など長期的かつ多額の現金を必要としている方が主に利用します。利用の際は金利が発生します。

 

 

メリット・デメリット

 

銀行融資のメリットは、(審査にも影響されますが)「金利が低くできること」や「高額の融資を受けられること」です。

 

手元に現金がない場合でも融資を受けることができれば、事業を始める運転資金や事業拡大のための資金として使うことができるので事業をやる上での強い味方となってくれます。

 

融資を受けた際は毎月元本の返済と利息の支払いがありますが、金利が低いことで売り上げが低い月の支払いの圧迫を軽減することができます。

 

一方、銀行融資のデメリットは上記にもありますが、「毎月元本の返済と利息の支払い」があるということです。

利用する際は、売り上げが低い月のことを考え計画的に融資を受けないと事業自体が厳しくなりかねないので十分に気をつけないといけないポイントでもあります。

 

 

事前に準備が必要な書類

 

銀行融資を受けるにあたり事前に必要な書類は以下の通りです。

 

銀行融資

・経営方針説明書

・商業登記簿謄本

・資金使途資料

・決算書

・試算表

・資金繰り表

・銀行取引一覧表

・納税証明書

・借入申込書表

・印鑑証明

 

 

一度に調達可能な金額

 

銀行融資には銀行が直接融資をする「プロパー融資」と信用保証協会による「保証付きの融資」の2種類があり、どちらも希望額を提示して審査の上金額が決定します。

融資金額はその企業の年商や事業内容によって変わってくるので一概には言えませんが、おおよそ年商の三分の一程度が一般的だそうです。

 

ちなみに「プロパー融資」は上限が設けられていないのに対して、「保証付融資」に関しては上限が無担保だと8,000万円、担保があれば2億8,000万円と決められています。

 

 

資金調達までの期間

 

銀行融資は審査に時間を要するため資金調達をするまでに1ヶ月~数ヶ月ほどかかります。

審査も厳しく時間がかかる分、受けられた際はそれ相応の恩恵があります。

 

 

審査で重要視されるポイント

 

銀行融資は審査の際、「融資先(利用者)の信用力や格付」が重要視されます。

融資先(利用者)に返済能力が判断する必要があるため、「融資先(利用者)」が審査の対象になります。

また銀行は民間の金融機関のため、貸し倒れをひどく嫌います。

そのため審査が厳しく「担保がない人」「保証人がいない人」「信頼できない要素がある人」に対しては融資を行うことはありません。

 

 

返済

 

銀行融資は長期的な利用が目的のため借入金額が多く返済期限は「1ヶ月~10年程度」と比較的長めです。 

返済方法は「分割返済」「一括返済」「残高スライド返済」などがあり、それぞれの返済計画にあった期間や返済方法を選択することが可能です。

 

 

ファクタリング

 

どういう人が使うのか

 

ファクタリングは一時的に資金が不足してしまったり急な出費が発生してしまうことがある方が主に利用します。利用の際は手数料が発生します。

 

メリット・デメリット

 

ファクタリング のメリットは必要なときに「すぐに現金化」することができることと、現金化した後の「返済がない」ということです。

「売掛債権」を売却することで現金化しているので、返済の必要はなく、使い勝手が良くスピーディーに資金調達ができるのは魅力的です。

一方、ファクタリングのデメリットは売掛金の一部を手数料としてファクタリング業者に支払うので「満額受け取ることができない」ということです。

 

 

事前に準備が必要な書類

 

ファクタリングするにあたり事前に必要な書類は以下の通りです。

 

ファクタリング

・登記簿謄本

・通帳

・決算書

・売掛債権を証明する資料

・事業を証明する資料

・税金、保険関連の資料

 

 

一度に調達可能な金額

 

ファクタリングは10万円~1億円と幅が広く、上限を設けていない業者も多くあります。

 しかし、調達可能な金額は「売掛債権の金額が上限」になるので、ほとんどが500万円未満であるのが実情です。

一度でできるファクタリングは平均200万円だそうです。

 

 

資金調達までの期間

 

ファクタリングは「2社間で最短即日~4日程度」「3社間で1週間~3週間程度」と資金調達までが早いので急に現金が必要になってしまった場合の小回りが効きやすいです。

 

 

審査で重要視されるポイント

 

ファクタリングは審査の際、売掛先の信用力が重要視されます。

売掛金を回収できるか判断する必要があるため、「利用者」よりも「売掛先」が審査の対象になります。

ファクタリングは先述のように「売掛先」を見るので、多少の赤字があったとしても許容されることが多いです。

 

 

支払い

 

ファクタリングの場合、一時的な信金調達なので支払い期限は「1ヶ月~2ヶ月程度」と比較的短く、支払いも一括になります。

基本的に売掛金の回収義務はファクタリング業者にありますが、売掛金が振り込まれた後にファクタリング業者に支払うというケースもあります。

 

 

どちらの方がおすすめかなのか?

 

 

結論、「事業の拡大・改善など長期で多額の現金が必要」という方には銀行融資がおすすめで、

一時的な資金不足」を解決したい方にはファクタリングがおすすめです。

 

 

それぞれ以下の目的で利用する方が多いのでご自身の目的にあったものを選択するのが一番ですね!

 

 
銀行融資

 

・新規開業の運転資金として利用する。

・新規事業を立ち上げる場合に利用する。

・事業を見直し長期的に資金繰りを改善したい場合に利用する。

 

 

ファクタリング

 

・修理費、機材、資材の購入費などを急な出費を補うために利用する。

・事業を始める際の運転資金として部分的に利用する。

・銀行や公的機関から融資がおりるまでのつなぎとして利用する。

 

 
 
 

まとめ

 

 

ここまで「ファクタリング」と「銀行融資」の内容とどちらがおすすめか解説してきましたが、いかがでしたでょうか。

 

利用目的や利用シーンなども何となくイメージが掴めたかと思います。

 

最後にまとめると

 

 銀行融資は銀行からお金を「借りて」現金を調達する。

 審査が厳しく資金調達までの期間も1ヶ月〜数ヶ月と長い。

 ただ、調達金額は数百〜数千万円と多く、それに対しては金利がかかる。

 

 ファクタリングは「売掛債権を売却」して現金化する。

 審査が通りやすく資金調達までの期間が1日〜4日と短い。

 また、調達金額は平均200万円に対して手数料がかかる。

 

ということになります。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

余談ですが、この記事を読んでくださっている方は「銀行融資」よりも「ファクタリング」をお考えになられている方が多いと思います。

 

当サイトには、数あるファクタリング業者の中からあなたの事業規模にあった見積もりを複数社提示することができる「無料一括査定」サービスがありますのでもしご興味があれば、是非一度ご検討ください。

 

この記事を読んでくださった皆様が良いファクタリング業者と巡り合えることを願ってます。

 

チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちらから