資金繰りを改善するための5つの方法!

経営において、資金繰りの悪化は会社の倒産に繋がりかねない大変深刻な問題といえるでしょう。

 

対処が遅れれば、赤字・黒字に関わらず万が一の事態も起こり得ます。

 

資金繰りの悪化を改善するのに対処が早すぎるということは決してありません。

 

手遅れにならないためにも、正しい知識を身につけ、早め早めの対処を心がけましょう。

 

本記事の内容

■資金繰り改善とは?

■資金繰り改善が必要な理由

■資金繰り悪化による3つのリスク

■資金繰り改善の5つの方法

 

以上が本記事の内容になります。

 

これから資金繰り改善を試みる企業にとっては、非常に参考になる内容であるはずです。

 

皆様の資金繰り改善に、どうぞお役立てください。

 

 

 

そもそも資金繰り改善とは?

 

そもそも資金繰り改善とは、経費などの支払いに対応するために会社の収入と支出を管理して資金を調整する施策のことです。

 

資金とは、具体的に以下のようなものを指します。

 

資金とは?

・現金

・普通預金

・当座預金

・定期預金

など。

 

このような、主に「すぐに会社の支払いに利用できるもの」がそれに値します。

 

ちなみに貸付金や売掛金、不動産のように、すぐに支払いに利用できないものは資金ではなく資産です。

 

 

 

資金繰り改善が必要な理由

 

なぜ企業は資金繰り改善をする必要があるのか。

 

資金は会社経営にとって血液に例えられるほど重要な存在です。

 

資金の流れが止まると会社は生き残ることが困難となり、当然倒産してしまいます。

 

資金繰り改善は、資金が足りないといった状況を未然に防ぐために必要不可欠な施策なのです。

 

また、利益が上がっていれば資金繰り改善が不要という考え方も大きな間違えで、利益と資金の間に相関関係はありません。

 

仮に利益を上げて黒字状態であったとしても、資金が不足し会社が倒産することは珍しいことではないのです。

 

 

 

資金繰り悪化による3つのリスク

 

では、資金繰りが悪化すると会社経営にどのようなリスクが生じるのかを見ていきましょう。

 

資金繰り悪化による3つのリスク

① 事業がストップする

② 従業員に給料が支払えなくなる

③ 黒字倒産する

 

 

 

リスク①:事業がストップする

 

1つ目は、「事業がストップするリスク」です。

 

資金が不足すれば、当然仕入れや店舗維持に必要な費用が支払えなくなるため、思い通りに事業を進めることが困難となります。

 

結果、得られるはずだった利益が減少し、さらに資金繰りが悪化する悪循環を発生させてしまうのです。

 

支払いの滞納は、社会的信用を落としかねないので当然おすすめできません。

 

一度支払いの滞納を発生させてしまうと、その後も滞納を繰り返しやすい傾向にあるため注意が必要です。

 

 

 

リスク②:従業員に給料が支払えなくなる

 

2つ目は、「従業員が給料を支払えなくなるリスク」です。

 

前提として、従業員は給料を得るために会社に勤め、労働をしています。

 

どんなにその会社を良く思う従業員がいたとしても、給料の未払いを発生させてしまえば優秀な人材は次々に退職という道を選んでしまうことでしょう。

 

退職した従業員が自社の状況を周囲に漏らしてしまえば、会社の信用を大きく落とす可能性も考えられます。

 

さらに、従業員を大幅に失って事業が存続できなくなった事例が存在することも事実です。

 

 

 

リスク③:黒字倒産する

 

3つ目は、「黒字倒産するリスク」です。

 

勘違いされやすいところですが、「赤字=倒産」ではありません。

 

もちろん、赤字の状態が長く続けばいずれ倒産する可能性はありますが、会社が倒産するのは会社経営を続けられなくなった時です。

 

主に、外部へ支払う資金がなくなった時に会社が倒産するといえるでしょう。

 

黒字倒産とは、利益が上がっているのにも関わらず、運転資金や手元資金が枯渇してしまったために起こる倒産のことを指します。

 

コストの支払いに資金が必要であることは言うまでもありません。

 

倒産のリスクを回避するために、黒字の状況でも資金繰りは常に意識するようにしておきましょう。

 

 

 

資金繰り改善の5つの方法

 

いよいよ本題である「資金繰り改善の5つの方法」について解説していきます。

 

資金繰り改善の5つの方法

① 資金繰り表を見直す

② 売掛金や受取手形の回収を早める

③ コストの支払いを遅らせる

④ 節税をする

⑤ 専門家に頼る

 

 

 

方法①:資金繰り表を見直す

 

資金繰り改善に「資金繰り表」の存在は欠かせません。

 

それゆえ、資金繰り表を作成しない会社は比較的少ないといえるでしょう。

 

しかし、繰越分や収支のみを記載した単純な資金繰り表では、細部まで分析を行うことは難しく、資金繰りの改善に活用するには不十分です。

 

より具体化するためには、下記の項目は最低限必要になります。

 

■前月繰越

■経常収支

・経常収入

・現金売上

・売掛金回収

・雑収入

■経常支出

・買取金支払

・人件費

・諸経費

・支払利息

■経常外収支

・経常外収入

・固定資産売却

・借入金調達

■経常外支出

・固定資産購入

・借入金返済

■収支不足

■次月繰越

 

 

 

方法②:売掛金や受取手形の回収を早める

 

売掛金や受取手形によって売上を回収する会社は、実際に手元に現金が入るまでに時間がかかってしまいます。

 

このタイムラグによって資金繰りが悪化する会社は、世の中に非常に多く存在するため注意が必要です。

 

回収を少し早めるだけでも各月の現金残高が一気に増える可能性もあり得るでしょう。

 

各月の現金残高を常に一定以上に保っておくことで、黒字倒産を引き起こすリスクを未然に回避することができるのです。

 

売掛金や受取手形の回収を早める具体的方法

■取引先へ交渉

■手形割引の利用

■ファクタリングサービスの利用

 

 

 

方法③:コストの支払いを遅らせる

 

これは「売掛金や受取手形の回収を早める」とは逆の発想になります。

 

一時的に資金不足が解消されるだけですが、コストの支払いを遅らせることで手元に残る資金を増やすことができるのです。

 

しかし、このような行為は取引先からの信用を失うリスクがあるため、やむを得ずこの手段を取る場合は注意するようにしましょう。

 

 

 

方法④:節税をする

 

資金繰り改善において、適切な節税対策を行うことも必要です。

 

当然税金の支払い分が減れば、それだけ手元に残る資金も増えることでしょう。

 

節税方法はさまざま存在しますが、間違った対策を行わないためにも、早めに税理士などの専門家にアドバイスを受けることをおすすめします。

 

 

 

方法⑤:専門家に頼る

 

専門家に頼るためには、当然コストが発生してしまいます。

 

しかし、専門家の存在は皆様の資金繰り改善を大いに後押ししてくれることでしょう。

 

コストを支払ってでも専門家に任せた方が良い場合は、消して少なくはありません。

 

ここまでの資金繰り改善方法を読んでみて、自分1人では難しいと感じた方にはぜひおすすめの方法です。

 

 

 

まとめ

 

以上が、「資金繰りを改善するための5つの方法」です。

 

冒頭でもお伝えしましたが、資金繰りの悪化を改善するのに対処が早すぎるということは決してありません。

 

手遅れにならないためにも、正しい知識を身につけ、早め早めの対処を心がけましょう。

 

 

また、チョウタツ王は中小企業・個人事業主の資金調達手段のひとつとしてファクタリングを推奨しています。

 

未回収の売掛金に関するリスクを軽減できたり、売掛債権を譲渡して現金を調達できたりすることが特徴です。

 

現在非常にニーズが高まっている金融サービスのひとつで、主に中小企業や個人事業主によって利用されています。

 

ファクタリングサービスに関する詳しい内容はこちら

【ファクタリングとは?日本一わかりやすく解説!】

 

 

もし皆様がファクタリングの利用をご検討されてる場合は、まず一括査定の活用をおすすめいたします。

 

チョウタツ王の売掛金の無料一括査定では、利用者に最適なファクタリング業者の提案を行っています。

 

当サービスによって、皆様がより最適なファクタリング業者に巡り合うことができれば幸いです。

 

よろしければ、ぜひご活用ください。

 

【チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちら】