サイト売買サービス5選! WEBサイトをM&Aして1億円のキャッシュを手に入れよう!

WEBサイトの売買が世界中で大きな盛り上がりを見せていることをご存知でしょうか?

 

WEBサイト売買(サイトM&A)とは、企業または個人が保有するWEBサイトを商品として売買する仕組みのことです。

 

中には、1億円を超えて取引される価値の高いWEBサイトも存在します。

 

近年、起業家や経営者からは特に注目を浴びていて、サイトを売買することで収益アップや人脈拡大等のメリットが望めるのです。

 

本記事の内容

■WEBサイト売買(サイトM&A)とは何か?

■WEBサイト売買のメリット・デメリット

■チョウタツ王がおすすめするWEBサイト売買サービス

 

以上3点をご紹介いたします。

 

本記事の内容は買い手・売り手に関わらず、WEBサイト売買に関わる全ての方がきちんと理解しておくべき内容です。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

WEBサイト売買(サイトM&A)とは何か?

 

WEBサイト売買(サイトM&A)とは、企業または個人が保有するWEBサイトを商品として売買する仕組みになります。

 

実際に収益が発生しているWEBサイトであれば、ブログやECサイト、アプリやソフトウェア等、取引されるサイトはさまざまです。

 

ただし、無料ブログ(AmebaやLivedoorなど)は対象外となります。

 

自らでドメインを取得したWEBサイトではいけないので注意しましょう。

 

WEBサイト制作と聞くと、どうしても難しそうな作業をイメージしがちです。

 

しかし、現在では「WordPress」のようなWEBサイト制作に特化したツールが多く存在するため、消してハードルは高くないといえます。

 

 

 

WEBサイトの取引価格

 

WEBサイトの取引価格は、基本的に月々の収益に基づいて決定されます

 

例えば、月々の収益が100万円であるのならば、100万円×18カ月分で1800万円程度で売買することが可能です。

 

また、WEBサイトの取引価格は必ずしも月々の収益×18ヶ月分で決定されるわけではありません。

 

価値が高いと判断されたWEBサイトであれば、相場よりも遥かに高い「4〜5年分」以上の値が付くこともあるのです。

 

 

 

WEBサイト売買のメリット・デメリット

 

ここでは、WEBサイト売買を行うメリット・デメリットについて解説いたします。

 

WEBサイト売買のメリット・デメリット

〜メリット〜

① サイト運営からの開放

② 短期間で成長後のサイトを手に入れることができる

③ 自社の既存事業と掛け合わせることができる

 

〜デメリット〜

① 定期メンテナンスの必要性

② 仲介業者がないとトラブルに繋がる恐れが…

 

 

メリット①:サイト運営からの開放

 

これは売り手側のメリットです。

 

WEBサイトには管理人による定期的な手入れが必要で、どうしても面倒に感じることがあるかもしれません。

 

そんな時、WEBサイトを売買することでまとまった収益を確保できるだけでなく、サイトの管理コストを削減することができるのです。

 

相手との交渉次第では、高額な売買益を得ることができるため、メリットは非常に大きいといえます。

 

 

 

メリット②:短期間で成長後のサイトを手に入れることができる

 

次は、買い手側のメリットです。

 

WEBサイトを購入することで、短期間で成長後のサイトを手に入れることができます。

 

そもそも一定額以上の利益を生み出すWEBサイトを作り上げるには、それなりの人員・資金・時間が必要です。

 

とりわけ時間に関しては最低でも1年ほどの時間をかけなければ、安定した収益を得ることは難しいといえるでしょう。

 

つまり、WEBサイトを購入することで、人員・資金・時間をさほどかけずに成長後のサイトを手に入れることができるのです。

 

 

 

メリット③:自社の既存事業と掛け合わせることができる

 

こちらも買い手側のメリットです。

 

WEBサイトを購入することにより、自社の既存事業との掛け合わせが可能になります。

 

すでに一定のPV数があるサイトであれば、自社の商品・サービスをサイト上で販売することで、売上の向上を図ることもできるでしょう。

 

相乗効果を生むことで大きな成果を実現することができるのです。

 

 

デメリット①:定期メンテナンスの必要性

 

こちらは買い手側のデメリットです。

 

「完成度の高いWEBサイトを購入すれば、それ以降手入れは必要ない」

 

これは大きな間違いです。

 

確かに、完成度の高いWEBサイトを購入することで、自身で大きなカスタマイズを行う必要は少なくなります。

 

しかし、定期的なメンテナンスは必要です。

 

サイトの運営を行なっているとどうしてもシステムに不具合が生じることも考えられます。

 

メンテナンスを加えられるだけの知識と技術がある程度必要であることも頭に入れておきましょう。

 

 

 

デメリット②:仲介業者がないとトラブルに繋がる恐れが…

 

こちらは買い手と売り手、双方に共通するデメリットになります。

 

この後、本記事では「WEBサイト売買サービスのおすすめ5選」についてご紹介いたしますが、中には手数料・着手金などを削減するために、このような仲介業者を立てずに取引が行われる場合があるのです。

 

もちろん、少しでもコストを抑えるためにはそれもひとつの選択となり得ます。

 

しかし、このような選択は時に買い手と売り手の間にトラブルを呼び兼ねません。

 

トラブル例

・買い手へWEBサイトを譲渡したのにも関わらず、口座へお金が振り込まれない

・売り手の口座へお金を振り込んだのも関わらず、WEBサイトが譲渡されない

 

WEBサイト売買の仲介業者を利用しない場合には、このようなトラブルが起きるかもしれないというリスクを把握しておくようにしましょう。

 

 

 

WEBサイト売買サービスのおすすめ5選

 

それでは、「WEBサイト売買サービスのおすすめ5選」についてご紹介いたします。

 

WEBサイト売買サービスのおすすめ5選

1、サイトキャッチャー

2、SiteStock(サイトストック)

3、サイトレード

4、ラッコM&A

5、M&Aマーケット【トランビ】

 

 

1、サイトキャッチャー

 

【サービスの評価】


使いやすさ   ★★★☆☆


売買の成功率  ★★★★☆


ユーザー評価  ★★★★☆


信頼度     ★★★★☆


 

 

 

2、SiteStock(サイトストック)

 

【サービスの評価】


使いやすさ   ★★★★☆


売買の成功率  ★★★★☆


ユーザー評価  ★★★☆☆


信頼度     ★★★★☆


 

 

3、サイトレード

 

【サービスの評価】


使いやすさ   ★★★☆☆


売買の成功率  ★★★★☆


ユーザー評価  ★★★☆☆


信頼度     ★★★★☆


 

 

 

4、ラッコM&A

 

【サービスの評価】


使いやすさ   ★★★★☆


売買の成功率  ★★★☆☆


ユーザー評価  ★★★★☆


信頼度     ★★★★☆


 

 

5、M&Aマーケット【トランビ】

 

【サービスの評価】


使いやすさ   ★★★★☆


売買の成功率  ★★★☆☆


ユーザー評価  ★★★★☆


信頼度     ★★★★☆


 

 

 

まとめ

 

本記事の内容

■WEBサイト売買(サイトM&A)とは何か?

■WEBサイト売買のメリット・デメリット

■チョウタツ王がおすすめするWEBサイト売買サービス

 

本記事では以上3点について解説いたしました。

 

これからWEBサイト売買をご検討の事業者にとっては、どれも知っておかねばならない知識ばかりです。

 

万全な状態で取引に臨むようにしましょう。

 

 

また、チョウタツ王は資金調達手段のひとつとしてファクタリングを推奨しています。

 

未回収の売掛金に関するリスクを軽減できたり、売掛債権を譲渡して現金を調達できたりすることが特徴です。

 

現在非常にニーズが高まっている金融サービスのひとつで、主に中小企業や個人事業主によって利用されています。

 

ファクタリングサービスに関する詳しい内容はこちら

【ファクタリングとは?日本一わかりやすく解説!】

 

 

もし皆様がファクタリングの利用をご検討されてる場合は、まず一括査定の活用をおすすめいたします。

 

チョウタツ王の売掛金の無料一括査定では、利用者に最適なファクタリング業者の提案を行っています。

 

当サービスによって、皆様がより最適なファクタリング業者に巡り合うことができれば幸いです。

 

ぜひご活用ください。

 

【チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちら】