仮想通貨マスターガイド!100倍以上に跳ね上がる仮想通貨で億り人になろう!

度々世界中で大きな話題を集める「仮想通貨」

 

「仮想通貨」とは何か、実際それをきちんと説明できる人はそれほど多くありません。

 

しかし、世の中には「仮想通貨長者」という言葉が生まれるように、仮想通貨投資で莫大な資産を築いた人も存在します。

 

本記事では、「仮想通貨で資産を増やす」をテーマに、仮想通貨とは何か、そしてその種類とそれぞれの特徴について解説いたします。

 

これから仮想通貨を勉強して資産を増やしていきたいという方のお力になれれば幸いです。

 

どうぞ本記事をお役立てください。

 

 

 

仮想通貨って何?

 

皆様は、「仮想通貨」と聞いて一体どのようなイメージが思い浮かびますか?

 

「ビットコインの大暴落」

「危険」

「ギャンブル」

 

世の中には、このような悪いイメージが多く広がっているようです。

 

しかし、「実際儲かっている人もいるから興味がある」というのが本音だと思います。

 

仮想通貨を簡単に表すならば、「インターネット上で決済できるデジタル通貨」です。

 

現在では、「暗号通貨」とも呼ばれるよになっています。

 

法定通貨と誤認される可能性を考慮し、呼称を変更したようです。

 

2008年に誕生した仮想通貨は、2017年頃に世間で大きな話題を集め、2020年にも価格の急上昇で再び注目を浴びました。

 

 

 

仮想通貨の仕組み

 

取り扱いのある店舗はまだまだ少ないですが、通常の通過同様に物やサービスを買うことができます。

 

インターネット上に存在するデジタル通貨であるため、紙幣や貨幣のような物質的なものはありません。

 

それゆえ送金は容易ですし、仮想通貨には銀行のような仲介するシステムが存在しないため、手数料も無料または安く済ますことができるのです。

 

 

 

ブロックチェーン技術

 

こういった仮想通貨の仕組みの裏側には「ブロックチェーン技術」というものが関わっています。

 

ブロックチェーン技術とは、一般的に「取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のように繋げ、正確な取引履歴を維持しようとする技術」を指します。

 

データの破壊・改ざんが極めて困難なこと、障害によって停止する可能性が低いシステムが容易に実現可能等の特徴を持つことから、銀行業務・システムに大きな変革をもたらす可能性を秘めているのです。

 

 

ブロックチェーン技術の仕組み

取引履歴(ブロック)が暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげるかたちで記録され、一つのブロックは、合意された取引記録の集合体と、各ブロックを接続させるための情報(前のブロックの情報など)で構成されます。

 

ブロックチェーンとは、このブロックが複数連結されたものを指します。ある取引について改ざんを行うためには、それより新しい取引についてすべて改ざんしていく必要がある仕組みとなっているため、データの破壊・改ざんが極めて難しくなっています。

 

また、ブロックチェーン化された取引記録は、特定の管理主体が存在する通常の集中管理型システムと異なり、複数のシステムがそれぞれ情報を保有し、常に同期が取られる「分散型台帳」という仕組みで管理されているため、一部のシステムが停止・故障しても、システム全体の運行・稼働に与える影響を抑制することが可能となっています。

 

(出典:全国銀行協会

 

 

 

主要な仮想通貨5選と特徴

 

皆様は全世界に仮想通貨が一体どれほどの種類あるかご存知ですか?

 

実は2017年の時点で、既に約1000種類の仮想通貨が流通しています。

 

私たちがよく名前を知るようなものは、その中のほんの一握りに過ぎないのです。

 

ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュやライトコインなど、世界でトップクラスの取引額と市場規模を誇る仮想通貨を「主要通過」と呼んでいます。

 

しかし、世界中にはこの他にも、数え切れないほど少額コインが発行されていることを覚えておきましょう。

 

主要な仮想通貨6選

① Bitcoin(ビットコイン)

② Ethereum(イーサリアム)

③ Ripple(リップル)

④ Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

⑤ Litecoin(ライトコイン)

 

 

 

1、Bitcoin(ビットコイン)

 

Bitcoin(ビットコイン)は、「サトシ・ナカモト」という未だに正体がわからない日本人が2009年に投稿した論文に基づき最初に運用が行われた仮想通貨です。

 

ビットコインは決済が可能な通貨で、日本国内でもBitcoin(ビットコイン)専用のATMが設置されています。

 

ビッグカメラでは、Bitcoin(ビットコイン)を使って買い物ができたり、Bitcoin(ビットコイン)で決済可能なオンラインショップもだんだん増えているようです。

 

(公式サイト:https://bitcoin.org/ja/

 

 

 

2、Ethereum(イーサリアム)

 

Ethereum(イーサリアム)は、2013年にヴィタリック・ブテリンが考案した仮想通貨です。

 

2014年に販売が開始され、Bitcoin(ビットコイン)に次ぐ時価総額と知名度を誇っています。

 

(公式サイト:https://ethereum.org/en/

 

 

 

3、Ripple(リップル)

 

Ripple(リップル)とは通貨の決済、送金に特化したシステムです。

 

このシステムの中で使われている通過が「XRP」になります。

 

リップルを使うことにより、国際送金や銀行間の送金をスムーズに行うことができるプロジェクトが進んでいるのです。

 

(公式サイト:https://ripple.com/

 

 

 

4、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

 

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、Bitcoin(ビットコイン)から分岐してできた新しい仮想通貨です。

 

Bitcoin(ビットコイン)から派生したため、基本的な仕様は同じですが、ネットワークの処理能力を象徴する「ブロックサイズ」が異なります。

 

Bitcoin(ビットコイン)の場合は上限が1MBであるのに対し、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は32MBです。

 

(公式サイト:https://www.bitcoincash.org/

 

5、Litecoin(ライトコイン)

 

Litecoin(ライトコイン)は、かつてGoogleのエンジニアをしていたチャーリー・リー氏によって発案された仮想通貨です。

 

Litecoin(ライトコイン)の開発はBitcoin(ビットコイン)の技術を基に行われているため、基本的な仕組みは同じになります。

 

送金のしやすさなどで非常に人気の高い仮想通貨のひとつです。

 

(公式サイト:https://litecoin.com/

 

 

 

まとめ

 

以上が、仮想通貨とは何か、そしてその種類と特徴について解説しました。

 

もし皆様が仮想通貨取引に挑戦するのであれば、以下3つのステップを踏んで下さい。

 

仮想通貨取引の始め方

手順①:仮想通貨取引所で口座を開設する

「セキュリティ・利便性・手数料」の3点を基準に取引所を選択するのがおすすめです。

 

手順②:日本円を入金する

銀行振込、コンビニ支払い、クイック入金などの方法があります。

※振込手数料は利用者負担です。

 

手順③:仮想通貨を購入する

購入するコインと取引量が決定したら購入しましょう。

 

まずは少額から始めてみて徐々に慣らしていくのがおすすめです。

 

何もわからず多額のコインを購入して大損すれば、逆に資産を減らす結果になってしまいます。

 

ぜひ、まずは練習程度で始めてみて下さい。

 

 

また、チョウタツ王は中小企業・個人事業主の資金調達手段のひとつとしてファクタリングを推奨しています。

 

未回収の売掛金に関するリスクを軽減できたり、売掛債権を譲渡して現金を調達できたりすることが特徴です。

 

現在非常にニーズが高まっている金融サービスのひとつで、主に中小企業や個人事業主によって利用されています。

 

ファクタリングサービスに関する詳しい内容はこちら

【ファクタリングとは?日本一わかりやすく解説!】

 

 

もし皆様がファクタリングの利用をご検討されてる場合は、まず一括査定の活用をおすすめいたします。

 

チョウタツ王の売掛金の無料一括査定では、利用者に最適なファクタリング業者の提案を行っています。

 

当サービスによって、皆様がより最適なファクタリング業者に巡り合うことができれば幸いです。

 

よろしければ、ぜひご活用ください。

 

【チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちら】