お金を貯める5つのコツ!少ない収入でも年間100万円の貯金ができる方法

年間100万円を貯金するためには、どのようにしたら良いでしょうか?

 

年間100万円ということは、1ヶ月ににつき約83,000円の貯金が必要です。

 

不可能な数字とはいえませんが、消して簡単ではありません。

 

ハードルは高いです。

 

とはいっても、やはりお金はないよりもあった方が人生をより豊かになります。

 

皆様が今本記事をご覧になっているのも、きちんと貯金をして人生を豊かにしたいといった気持ちの表れではないでしょうか。

 

 

「貯金したいけど、収入が少ないからできない」

 

このような理由を付けて貯金を諦めてしまっている方も多いはずです。

 

収入が少ないのであれば、尚更節約をして貯金をすべきといえます。

 

しかし、やみくもに節約をして生活を苦しめれば、人生を豊かにする目的で頑張っている貯金も本末転倒です。

 

 

そこで本記事では、「お金を貯める5つのコツ」についてご紹介いたします。

 

下記の方々には特におすすめです。

 

■賢く貯金をするコツを知りたい

■少ない収入から貯金をする方法を知りたい

■将来に向けお金を蓄えるために最も効率的な貯金術を知りたい

 

目標は「年間100万円の貯金」とします。

 

目標に向け、ぜひ人生を豊かにするために貯金を初めてみてはいかがでしょうか。

 

本記事の内容を、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

収入が少なくても貯金はできるのか?

 

実際、多くの方が貯金の重要性を理解しているものの、それをきちんと行動に移せている方は割と少数派です。

 

理由のひとつとして「収入が少なくて貯金ができない」というのが挙げられます。

 

しかし、収入が少なくても貯金をすることは十分に可能です。

 

もちろん簡単ではありませんが、やる気次第で年間100万円の貯金の達成も決して不可能ではありません。

 

そのためにも、本記事の「お金を貯める5つのコツ」をきちんと理解し、実践するようにしましょう。

 

 

 

お金を貯める5つのコツ!

 

では、本題である「お金を貯める5つのコツ」についてご紹介いたします。

 

お金を貯める5つのコツ!

① 無駄遣い(浪費)を減らす

② 外食をできるだけ避け、自炊をする

③ 給料は入ったらすぐに貯金する

④ 家計簿をつける

⑤ 定期預金をする

 

これらのコツを理解する前に、まずは貯金の目的・目標の設定を先に行なっておきましょう。

 

目的・目標を設定せずに貯金をしても継続がしにくいため、途中で諦めてしまう結果にもなりかねません。

 

逆に目的・目標をきちんと設定しておくことで、モチベーション向上に繋がり、継続もしやすいのです。

 

「〇〇の資金を確保するために、毎月△△円を貯金する」

※〇〇=目的、△△=目標

 

例えば毎月の貯金額が8万円であれば、年間の貯金額は96万円です。

 

ぜひこのような目的・目標の設定をした後、この先の「お金を貯める5つのコツ」を読み進めてみて下さい。

 

 

 

コツ①:無駄遣い(浪費)を減らす

 

まず一つ目のコツは、「無駄遣い(浪費)を減らす」です。

 

基本的な内容になりますが、皆様が思う以上の効果があります。

 

しかし、簡単なようで1番難しいともいえるでしょう。

 

買い物をしながら特に意識すること

・購入後、その買い物に後悔が生まれないか

・一時の感情による買い物(衝動買い)ではないか

・もっと安く買う方法はないか

 

無駄遣いを止めるためには、これらをどれだけ意識しながら買い物ができるかが重要になります。

 

買い物の際に意識し続け、後悔が残らない買い物が無意識的にできるようになったとき、自然と無駄遣いはなくなるはずです。

 

ぜひ今日から買い物の際には、逐一意識するようにしましょう。

 

 

 

コツ②:できるだけ外食を避け、自炊をする

 

二つ目のコツは、「できるだけ外食を避け、自炊をする」です。

 

自炊による食費の節約は基本中の基本といえます。

 

自炊は食費を節約できるだけでなく、健康にも良いので一石二鳥です。

 

「自炊をする時間が取れない」

「面倒臭くて続かない」

 

なんてお悩みの方は、ぜひ次の方法を試してみましょう。その悩みもきっと緩和されるはずです。

 

時短・簡単自炊術

・ご飯は冷凍保存する

・作り置き料理の準備をする

・野菜は一気に調理する

など。

 

また、まとめて調子したものは冷蔵庫や冷凍庫を使用することで保存期間を伸ばすこともできますので、毎日の自炊が続かないという方には特におすすめです。

 

さらに、結果的買い物の回数も減らすことができるため、買う予定がなかったものを買ってしまう無駄遣いリスクも自然と回避できるでしょう。

 

 

 

コツ③:給料は入ったらすぐに貯金する

 

三つ目のコツは「給料は入ったらすぐに貯金する」です。

 

給料は入ったらすぐに貯金分を差し引くクセを付けましょう。

 

「残った分を貯金すればいいや」なんて考えをしていると、いつになってもお金は貯まりません。

 

25万円が手元にあれば、どうしても使ってしまうのが大半なのです。

 

そのため、「先取り貯金」をし、手元のお金を減らしておくことが非常に有効な手段といえます。

 

先取り貯金の手順

手順①:給料が入ったらまず全額を引き出す

手順②:自分で立てた目標に従い、月々の貯金額を貯金専用口座に入金する

手順③:手元に残ったお金で生活する

 

貯金専用口座に入金したお金は、絶対に引き出したりしないようにしましょう。

 

どうしても意思が弱く、絶対に引き出さない自信がない方は、

 

銀行口座の自動積立

会社の財形貯蓄制度

積立式定期預金

つみたてNISA

iDeCo(個人型確定拠出年金)

 

などの利用をおすすめします。

 

 

 

コツ④:家計簿をつける

 

四つ目のコツは「家計簿をつける」です。

 

具体的には、自分がどのような形で消費しているのかを逐一把握することが重要になります。

 

当然といえば当然ですが、キャッシュフローをきちんと管理することもできずして、計画的な貯金はできません。

 

また、家計簿をつけることで自身の無駄遣いや浪費も可視化されます。

 

定期的に家計簿を見直し、無駄遣いや浪費を削減するとともに、自身のキャッシュフローをきちんと把握できるようにしましょう。

 

 

 

コツ⑤:定期預金をする

 

銀行の制度を利用する貯金方法としてよく知られるのが「定期預金」です。

 

五つ目のコツは、この「定期預金をする」になります。

 

あらかじめ預入期間が設定されているため、期間内は原則手をつけることができません。

 

もし仮に期間途中でお金を引き出してしまった場合、高金利を受けることができたはずのお金がなくなる結果となってしまいます。

 

定期預金は「しっかりお金を貯めたい!」という方々には、大変おすすめできる手段といえるでしょう。

 

また、定期預金には万が一金融機関が倒産するリスクに備え、1,000万円までを保障する「預金保険制度」が採用さえています。

 

リスクマネジメントもきちんとできるので、安心して利用することが可能なのです。

 

 

 

まとめ

 

以上が、「お金を貯める5つのコツ!少ない収入でも年間100万円の貯金ができる方法」です。

 

人生を豊かにする上で、やはりお金はあったほうが断然良いといえるでしょう。

 

本記事の内容が皆様の生活を少しでも豊かにすることができれば幸いです。

 

 

また、チョウタツ王は中小企業・個人事業主の資金調達手段のひとつとしてファクタリングを推奨しています。

 

未回収の売掛金に関するリスクを軽減できたり、売掛債権を譲渡して現金を調達できたりすることが特徴です。

 

現在非常にニーズが高まっている金融サービスのひとつで、主に中小企業や個人事業主によって利用されています。

 

ファクタリングサービスに関する詳しい内容はこちら

【ファクタリングとは?日本一わかりやすく解説!】

 

 

もし皆様がファクタリングの利用をご検討されてる場合は、まず一括査定の活用をおすすめいたします。

 

チョウタツ王の売掛金の無料一括査定では、利用者に最適なファクタリング業者の提案を行っています。

 

当サービスによって、皆様がより最適なファクタリング業者に巡り合うことができれば幸いです。

 

よろしければ、ぜひご活用ください。

 

【チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちら】