資産運用で失敗しない5つのポイント!初心者からでも確実に1000万円増やせます!

「資産運用」とは、自分の資産を預貯金や投資に配分することで効率的に増やしていくことを指します。

 

「自分の資産を有効活用したい」

「老後資金が心配」

「資産を計画的に増やしていきたい」

 

このように考える方も多いのではないでしょうか。

 

しかし「資産運用」と聞くと、どうしても難しいものをイメージしてしまいます。

 

それゆえ、初心者の方の中には「自分にもできるのだろうか?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるはずです。

 

そこで本記事では、完全初心者向けに「資産運用で失敗しない5つのポイント」について解説いたします。

 

これから資産運用をしていきたいと考える方々のお役に立てれば幸いです。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

資産運用で失敗しない5つのポイント!

 

では、さっそく「資産運用で失敗しない5つのポイント」について解説していきます。

 

資産運用で失敗しない5つのポイント

① リスクの少ない運用方法を選択する

② 少額投資からスタートする

③ 単利と複利の違いを理解する

④ どれほどの収益が見込めるかをシュミレーションする

⑤ リスクの許容範囲を設定する

 

 

 

ポイント①:リスクの少ない運用方法を選択する

 

資産運用といってもその手段は多く存在します。

 

定期預金や株式投資、投資信託などその種類はざまざまです。

 

人それぞれに合った方法を選択することも大切ですが、初心者が資産運用をする上でもっとも意識すべきなのはリスクの小ささだとえいます。

 

リスクの大きな運用方法を選択することは、自分の資産を大きく減らす最悪の事態にも繋がりかねません。

 

まずは各運用方法のリスクをきちんと把握し、万が一の損失に備えた上で資産運用を始めてみましょう。

 

 

 

ポイント②:少額投資からスタートする

 

最初から大きな資金を用意する必要はありません。

 

特に初心者の方には、少額投資から初めることをおすすめします。

 

千円単位でも構いませんし、もっと言うならば百円単位でも問題ないです。

 

先程も述べた通り、初心者がリスクの大きな運用をすることは、自分の資産を大きく減らす最悪の事態にも繋がりかねません

 

少額投資であれば、万が一の時にも大きな損失には繋がりませんし、冷静な対処ができると考えられます。

 

資産運用に慣れるまでは少額投資で練習を繰り返すのが良いでしょう。

 

 

 

ポイント③:単利と複利の違いを理解する

 

利息とは、金銭の貸し借りにおける対価であり、金額や期間に比例して一定割合で支払われる金銭のことを指します。

 

資産運用ではこの利息が自分の利益に当たるわけです。

 

利息には「単利」「複利」の2種類が存在します。

 

基礎知識としてここらへんはきちんと押さえておきましょう。

 

運用のシュミレーションを行う際にも必要な知識となります。

 

単利と複利

【単利】

運用した元本に対してのみ、利子が付く。

 

【複利】

運用する元本に年々増えた利子を組み入れた分に対して利子が付く。

 

 

 

ポイント④:どれほどの収益が見込めるかをシュミレーションする

 

資産運用には計画性が必要です。

 

計画的に資産運用をするためにも、シュミレーションの実行は必ず行うようにしましょう。

 

まずは先1年間で、どれほど収益が得られるのかをシュミレーションしてみるのがおすすめです。

 

投資信託なんかは証券会社が用意するシュミレーターがあるため、月々の積立額や利益率の計算は容易に行えます。

 

計画的な運用を心掛け、シュミレーションを通してそれを可視化できるようにしておきましょう。

 

 

 

ポイント⑤:リスクの許容範囲を設定する

 

万が一大きな損失が出た時に備え、先にリスクの許容範囲を設定しておきましょう。

 

利益に対するシュミレーションだけでなく、リスクに対するシュミレーションもきちんと行い、万が一の損失に備えるのです。

 

自分が許容できるリスクの範囲が決まれば、自分自身に合った運用スタイルも見つかりやすくなります。

 

人は得た利益よりも失った損失の方が大きく感じてしまうため、リスクの許容範囲に合わせて運用方法や投資金額を決定するのがおすすめです。

 

 

 

初心者におすすめする資産運用方法6選

 

ここでは、「初心者におすすめする資産運用方法6選」をご紹介いたします。

 

ここでご紹介する方法は初心者の方々とっても挑戦しやすく、比較的リスクを押さえやすい運用手段です。

 

1000万円を増やすことも十分可能といえるでしょう。

 

初心者におすすめする資産運用方法6選

① NISA

② 定期預金

③ 個人向け国債

④ 株式投資

⑤ 純金積立

⑥ 投資信託

 

 

 

1、NISA

 

NISA(少額投資非課税制度)は、資産運用初心者に対して特におすすめする運用方法のひとつです。

 

専用の講座で投資を行い、投資上限120万円というストッパーがあるため、リスクは比較的少ないといえます。

 

最長5年間は非課税で投資ができるため、非常にお得な運用方法です。

 

 

 

2、定期預金

 

定期預金による運用のデメリットは利息が低いことでしょう。

 

しかし、預け入れる金融機関によっては良い利息が付くこともありますし、リスクは非常に小さいので初心者にはおすすめです。

 

 

 

3、個人向け国債

 

国債は国が発行している債権であるため、元本割れするリスクはほぼないと言っても過言ではないでしょう。

 

安定した利回りも得られますし、初心者にはおすすめです。

 

1万円程度から始められるので、ぜひ挑戦してみて下さい

 

 

 

4、株式投資

 

株式投資も初心者から挑戦することは可能ですが、ここまでに挙げた運用手段と比較すると、ある程度勉強が必要です。

 

売買のタイミングによっては大きな利益を期待できたり、自分の知ってる企業のことを深く知るきっかけにもなり、楽しみながら資産運用ができるでしょう。

 

しかし、それだけリスクも上がってしまうということになります。

 

株式取引シュミレーションゲームなんかも普及していますので、ぜひ一度練習としてゲームでコツを掴むということをしてみて下さい。

 

 

 

5、純金積立

 

純金積立はリスクが少ない比較的安全な運用方法だといえます。

 

毎月1,000円という少額投資から始められるため、無理なく資産運用ができるはずです。

 

 

 

6、投資信託

 

投資信託ではプロが私たちの代わりに運用を行ってくれるため、資産運用や投資の知識がなくとも始められる非常に初心者に優しい運用方法です。

 

投資のプロが運用を手伝ってくれるというのは、やはりとても心強く思えます。

 

 

 

まとめ

 

以上が、「資産運用で失敗しない5つのポイント」になります。

 

運用を行い、確実に資産を増やしたいと考える方々にとって、本記事の内容は必須です。

 

ぜひ皆様に合った方法を見つけ、ご自身の資産を運用してみて下さい。

 

 

また、チョウタツ王は中小企業・個人事業主の資金調達手段のひとつとしてファクタリングを推奨しています。

 

未回収の売掛金に関するリスクを軽減できたり、売掛債権を譲渡して現金を調達できたりすることが特徴です。

 

現在非常にニーズが高まっている金融サービスのひとつで、主に中小企業や個人事業主によって利用されています。

 

ファクタリングサービスに関する詳しい内容はこちら

【ファクタリングとは?日本一わかりやすく解説!】

 

 

もし皆様がファクタリングの利用をご検討されてる場合は、まず一括査定の活用をおすすめいたします。

 

チョウタツ王の売掛金の無料一括査定では、利用者に最適なファクタリング業者の提案を行っています。

 

当サービスによって、皆様がより最適なファクタリング業者に巡り合うことができれば幸いです。

 

よろしければ、ぜひご活用ください。

 

【チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちら】