買取査定額162万円で売掛金を売却したK.O社長


私は建設業で会社を立ち上げて7年になる経営者です。

今回は詐欺被害で大変困り、ファクタリングを利用しました。

お世話になります。建設業者を立ち上げて長年この業界でやらせていただいている経営者です。

もともとスコップ一本から何でもやりますの勢いでやってきたのですが、最近は従業員も増え、おかげさまで公共工事の打診をいただくなど、入れる現場も大規模なものが増えてきています。

しかし、あまりにも急成長をしてしまったがためにどうしても人が足りなかったり、あるいは協力会社にお願いをしたとしても道具そのものがなかったりと、色々と整備をしていかなければならない状況でもありました。

そんな時に、私は馬鹿なことに詐欺に引っかかってしまい、会社の大事なお金に手をつけてしまいました。

詐欺に引っかかって会社のお金に手をつけてしまったといっても、私がオレオレ詐欺に引っかかったというわけではありません。

ちょうど、仕事で使う道具や従業員のユニフォーム、作業着、その他クルマなども含めていろいろとお金をかけなければならないところ、出張先でふらっと入った飲み屋で紹介された建設関係専門の経営コンサルタントの方と出会いました。

その地方では結構有名な人らしく、名刺も立派で身なりもきちんとしていたのでついつい話を聞いてしまいました。とにかく話が面白くてその人も建設業界から叩き上げでこの業界に参入してきたということで、気がついたら7時間くらいそこで一緒に酒を飲んでいました。

酒の勢いでついつい金をかけなければならない状態にあると話をしたところ、その経営コンサルタントの方が言うには、既に事業を卒業して次のステージへ行った建設会社の社長さんが使わなくなった工事車両や道具、ユニフォーム、などもあるので、これを一括で買い取らないか?と打診をされたのです。

もともと面倒くさがりな私ですので、この辺りの提案はとても嬉しかったです。というより手っ取り早く、即決即断で何事も決める!というのが社長のかっこいい姿だと勘違いをしていた私は、その場でOKをして、スマートフォンのオンラインバンキングからその社長さんの口座に前金という形でお金を振り込みました。

後で品物が届けば経理のスタッフや、うちの役員どもにもほめられるだろう、くらいに思ったのです。社長が飲み屋で仕事を決めた、得な案件を引っ張ってきた!って、やっぱりかっこいいじゃないですか。

そして出張先から戻ること数日。まるで商品が届きません。

支払った金額は120万。

酒が入っていたというのは言い訳になりませんが、実はこの金は本来なら後払いにしてもらうべき金でした。社会保険料や従業員の給料などを考えると、ポンと出せる金額では到底なかったのです。

当然ですが、経理にもお金が動いていることがばれました。

下手したら社長が何かお金を使い込んだのではないか?と社内で噂になってしまい、従業員からも詰められてしまいました。

最初はうまくごまかしていたのですが、とうとうごまかすことが出来なくなり、私はまずその経営コンサルタントの方に連絡を取ってみることにしました。

すると、まずLINEがそもそも退会済みになっていて連絡をつけられず、電話にかけてみたのですが、番号は既に使えなくなっていました。

名刺に記載されていた会社を調べてみたのですが、どうやら存在しないということまでわかり、ここでわかったのですが完璧にハメられました。典型的な詐欺ですね。

すぐに金融機関に問い合わせて振込先の口座の相手先について何かわかることはないかと聞いたのですが、すでにその口座は詐欺被害の口座ということで凍結されており、全く無関係な会社の口座と分かりました。つまり、関係ない会社の口座をなぜかその詐欺師が持っており、それを飛ばし口座として使っていたのです。

被害届などを出せばお金が返ってくる可能性もゼロではないが、とりあえず今すぐにどうこうなるという問題ではないと分かりました。

従業員からの信頼も一挙に失いつつあり、現場に出ている若い衆にはまだばれていなかったものの、事情を知っている幹部スタッフも最初はブチ切れていました。

しかし、とにかくこの状況を脱しないと大変なことになる、金はまた俺らが頑張って稼ぐから、なんとか今月の社会保険料や従業員の給料だけでも工面してくれと言われ、私は、手形に手を出そうと決めました。手形割引というサービスがあることを知っていたからです。

しかし、そうそう簡単にすぐ手形取引が入ってくるわけもなく、困り果てた私は請求書を何とか買い取ってもらうことができないかと探してみたのです。そしたらありました。

「ファクタリング」というサービスなんだそうです。
また車の一括売却査定のようにファクタリングも一括見積もりを取ることができると分かり、一括査定サービスに申し込みました。

小さい頃からこういうカンだけは優れていて、一つの会社に依頼をするよりも、複数の会社に相見積もりを取ったほうが条件が良いと思ったのです。

そしたらその予感が的中して、すぐに多くの会社から連絡を貰えました。

その中でも一番話しやすくて、詐欺にあったと聞いたら最初は笑っていましたが「それは大変でしたね」とすぐに入金できるように審査を進めてくれたA社さんと契約をすることにしました。

買取額面も、今回はお気の毒なので会社を応援させてくださいと言われ、なんと9割での買取となりました。これで一発で問題は解決しました。

もしかしたらこれは営業トークだったのかもしれませんが、私はまたこちらの会社さんを使おうと思います。

このように、ファクタリングは経営者の強い味方だと思います。一括査定サイトを使ってお気に入りのファクタリング会社をいくつか見つけておくと良いと思います。その一括査定サイトさんを見ると、どうやらファクタリング会社によって買い取れる請求債権の金額や、得意分野が違うようなので、請求先が複数ある人はなおさらファクタリング会社も複数用意しておいた方が良いと思います。