無借金経営の三代目社長がコロナで人生初の資金ショート!ファクタリングが救世主となった成功体験談


お世話になります。今回体験談を載せさせていただきますYといいます。

祖父の代から会社を継いで、私が三代目社長です。業種はいわゆる「肉屋」です。

今まで様々なサイドビジネスに挑戦しないか?などお誘いも頂いていましたが、肉屋一本でずっとやってきたからこそ今日があるものと思っております。

とはいえ、今回、新型コロナウイルスの影響で肉屋という「ほぼほぼ景気の動向に左右されない業種」でさえも経済的に大きな打撃を受けるに至り、今回ファクタリングを利用して窮地を救っていただきました。

事の発端は今から2ヶ月ほど前だったかと思います。まず一番最初に某国で新型コロナウイルスが流行っているようだというニュースが入ってきた時はまだまだ「対岸の火事の話」だったのです。

・・・が、食肉の輸入関係で話を聞いているとどうやら海外の各国では食肉の需要どころか人々の消費行動全体が落ち込んでいるようだ、世界全体的に肉の売れ行きが悪くて、みんな困っているようだという話も聞いていて「にわか」には信じられなかったものです。

私は直感的に、これが万が一にも日本で流行するようなことがあれば、日本国始まって以来の大騒ぎになる、また世界恐慌どころの騒ぎではない景気の悪化につながるのではないか?という懸念さえありました。結果的にこれが現実となったわけですが・・・。

そしていよいよやってきた年度末。歓送迎会シーズンでもありますし、ホームパーティなどが増える時期でもありますからとにかく肉屋はこの時期売り上げが良いのが常です。

少なくとも私の会社は直売所も行なっておりましたから、様々な方面からお引き合いをいただいて肉の消費は急増する時期なんです。

これは祖父の代から変わらないことで、私もある程度この月は経済的にも心配しないでいたのですが…連日連夜、国内ニュースで新型コロナウイルスの感染者が増加したニュースが流れ始めた頃から風向きが大きく変わりました。

今まで春先は追い風だったのですが、今年は向かい風と形容しましょうか、新型コロナ感染者数の増加と反比例して売り上げは落ち込む一方でした。

ご贔屓にしていただいていた飲食店舗さんからのキャンセルも相次ぎ、新型コロナウイルスがクルーズ船で爆発的に増加して、国内でも北海道が新型コロナウイルスのクラスターになっているという報道が出た頃にはすでに例年の半分以下の売り上げまで落ち込んでおりました。

ここまではなんとか内部留保で耐えることができましたが、トドメとなったのはやはり首都圏での感染爆発でした。

つい最近のことですが、東京オリンピックの開催延期、並びに東京都内での新型コロナウイルス感染者爆発的増加の情報が出回ったあたりで、直売所の売り上げは通常の時のおよそ1割まで落ち込み、いわゆる売掛でお取引いただいているお得意先の飲食店舗さんからのご依頼に至っては、ほとんど0件までなってしまいました。

大変お恥ずかしいことに私の人生経験の中でお金に困ったということが一度もございませんで、手元にキャッシュがないので最初は自分の財布からある程度捻出などもしていたのですがさすがに手元の資金も底をつき、従業員への給料はもちろんのこと、直売所の家賃が支払えなくなってしまいました。

今まで家賃の支払い遅れなどを起こしたことがありませんでしたし、公共料金の支払いだって1度たりとも遅れたことがなかったのですが…そのために、ここまで「取り立て」というものが厳しく精神的に追い詰められるものだとは知りもしませんでした。

とにかく数日以内に現金をまとめて用意しなければ、直売所はすぐに鍵をかけて使えなくするという脅迫にも近い通告を不動産屋から受けて私はとにかく現金を集めなければならないことになりました。

政府や国の金融機関からの援助も真っ先に考えましたが商工会も含めてまだまだ対策が進んでおらず、現金が実際に手元にくるのは2ヶ月以上先のことだということもわかりました。

先代の時にお付き合いのあった金融機関にご連絡もしてみたのですが、全く相手にされず、今まで無借金経営を貫いてきたのが仇となって今回は全く借金という方向の資金調達ができずにおりました。

私個人のビジネスローンも今までクレジットカードなどの類に手を出したことがなかったことが災いして全く審査に通らず、いわゆる八方塞がり状態で、仕入れている商品だって直売所が閉鎖されれば冷蔵庫も冷凍庫も動かなくなりますからそのまま腐ってしまいます。

人生で初めて絶望を味わいましたが、そんな時にニュースをチェックするために見ていたYouTubeの広告で売掛債権を売却することですぐにでも現金化ができるというサービスを見つけました。

いわゆる「ヤミ金」の類だろうと思っていたのですが、よくよくサイトの説明を読んでみると…すでに請求が確定している債権は「合法的に」売買ができる代物であること、手数料を差し引いて1~2日もあれば現金化することができる性質のものだ、ということがわかり、私はそのサイトで一括査定申し込みをしてみました。

すると、こんなご時世にもかかわらず即座にご対応をいただき、今回、いわゆる公的機関に納品していた食肉や各種食品のお代金を売掛債権として買い取っていただくことができました。

先方にご迷惑がかかってもいけないので、どんな売掛債権だったかはここでは明らかにできませんが、やはり食品卸の業種の方は私どものように公的な機関や「多くのお子さん達に食べていただくための商品」を卸しているというケースもあるかと思います。そういった売掛債権は請求先の信用度も高いので買取率も高く、また1日かそこらで買取OKの連絡が入りました。

ファクタリングは間違いなく私のように無借金経営をしてきて、今回の新型コロナウイルスの関係で資金繰りに詰まった方の救世主たるべき存在です。このファクタリング、是非試してみてください。