【東北】急成長の建設会社を襲った悲劇・社会保険料の滞納をファクタリングで解決した事例


私の会社は年商1億にも近づいてきて、東北エリアでは建設業の中でも脂の乗っている会社と自負しています。

ただし脂が乗りすぎて、今回人員を増やしすぎたことによって痛い目を見ましたので、ファクタリングの体験談とともにお話しさせていただきたいと思います。ちなみにファクタリングとファクタリングの一括査定サービスには感謝してもしきれません、というお話です。

元々本当にスコップ一本で「何でもやります、何か仕事ください」くらいの勢いで立ち上げた一人親方の会社だったのですが、まじめに商売に取り組んでいたのが幸いしたのか、毎日現場に出ては仕事に取り組み、日がくれたら新しい仕事の営業をかけて接待も頑張り、また次の日の早朝から現場に出て・・・という仕事を繰り返していたのが幸いしたのか、徐々に仕事の規模が大きくなっていきました。

また任せていただける現場も大きくなってきて、さすがに私一人では困難ということでバイト君を何人か入れることになりました。でもお陰様で順風満帆、バイト君も頑張って働いてくれたので正社員に登用し、会社組織として再スタートを切ったのが5年前です。

そこからまたゼネコンさんから仕事をいただいたりして公共事業にも携わるようになり、年商も1億に近づいてくるなど嬉しいことが満載な感じでした。しかし、社会保険料という存在を忘れていたのです。

元々スコップ一本で現場仕事に出て行くような仕事をしていたので税金関係や年金関係には本当に疎くて、経理関係も税理士の先生に丸投げでもしていれば良かったのですが、年に1回だけチェックをお願いするような感じだったので、社会保険などの手続きが全然行えていませんでした。社会保険は強制加入なので加入させるにはさせていたのですが、社会保険料の支払いなどが全然回っていなくて、気が付いた時には社会保険事務所からガンガン電話がかかってくるような状態になってしまっていました。

社会保険事務所って、かなり厳しいんですよね。本当に知らなかったんですが、本当に取り立てみたいなレベルで電話してくるし、いざ事情を説明したら説明したで取り調べ調書みたいなものを取られるし、日中はやっぱり仕事で電話にも出られないので社会保険事務所からの連絡も無視してしまっていたのですが、督促状や呼び出し状がくるようになってからさすがにまずいと思い、社会保険料を調べてみました。

そしたらめちゃめちゃ社会保険料が高かったんです。強制加入なのは知っていましたが、建設業の社会保険ってこんなに高かったのかと驚きました。

1ヶ月あたり100万円単位で社会保険料がかかる状態になっており、滞納を考えるとさすがに一括では支払いができないような状態でした。

これではまずいと思って社会保険事務所に支払いを待ってくれるように頼んでみたのですがぜんぜんぜん取り合ってくれず、というよりもっと理論武装した人が行けば取り合ってもらえたのかもしれませんが、私にはできませんでした。

昔からこういう感じの支払いトラブルに巻き込まれるのが嫌で嫌で仕方がなかったので、なんとか一括で返済して社会保険事務所ともう関わりたくない!という気持ちになり、資金調達の方法を探すことにしました。

銀行からも事業融資をしませんかと営業マンが来ているような感じだったので申し込みをしてみたのですが、正直に「社会保険料を支払うのにお金を貸して欲しい」と頼んだ瞬間に態度が豹変してそのまま帰られてしまいました。

後から分かったのですが、そもそも社会保険料や税金が滞納していると銀行融資どころの騒ぎではないということでした。

そこで、私は売掛を売却する選択肢を取りました。これは元々一人親方時代だった頃に先輩の経営者さんから教えてもらった方法ですが、その時はファクタリングという言葉も知りませんでした。(ただ、そういう方法がある、みたいな)

そんなときにネットでファクタリングを簡単に行うことができる一括査定サイトの広告を見て、そのサイトがなんとなく安心できそうな感じだったので申し込みをしてみたんです。取引先にばれたらまずい案件だったのですが、2社間ファクタリングという形で取引先に分からないように話を進めてくれる業者さんと出会うこともできました。

また、申し込みから何か難しい話をされるのかと思ったら全然話もシンプルで、審査も税金滞納中でもOKということだったのでとても助かりました。

結構毎日社会保険料の滞納で悩んでいたのですが、3日後ぐらいには資金が全額ファクタリングのおかげで揃いました。銀行にお金が入金されてきた直後に社会保険事務所に行って全額現金で支払い、それから従業員を全員連れて焼肉に行って英気を養いました。 特にこの業界は自分自身が現場に出なければならないことも多いので税金関係や支払い関係がうまく回らないということも多いと思います。でも、今回の私の様に解決策を探せば必ず道はあるので、資金繰りに困っている人はまずファクタリングの一括査定を使ってみてください。