リボ払いの危険性とは?リボ払い・分割払いの仕組みと3つの解決法

クレジットカードやローンの支払いにおいて「リボ払い」という支払い方法があるのをご存知でしょうか。

 

CMなどでも目にするので、世の中に馴染んでいるリボ払いですが、実は借金を大きくしてしまう危険性を含んでいるため、注意が必要です。

 

また、「分割払い」という支払い方法もありますが、リボ払いとは仕組みが異なります。どちらも、信用を使うことで一括払いを避けられるというのは同じですが、両者の違いについてはなかなかわかりにくいものです。

 

そこでこの記事では、リボ払いと分割払いの仕組みについて解説します。また、リボ払いにおける3つの解決法について紹介します。

 

この記事を見ることで、リボ払いからの解決法がわかるようになるので、借金地獄に陥りにくくなります

 

リボ払い・分割払いの仕組みとは?

 

まず、リボ払いと分割払いについて説明します。

 

「リボ払い」とは?

リボ払いとは、利用金額や利用件数にかかわらず、毎月の支払い金額がほぼ一定となる支払い方法。

 

「分割払い」とは?

分割払いとは、買い物ごとに支払い回数を指定して、その回数で分割して支払う方法。

 

次に、リボ払いと分割払いの違いについて説明します。

 

リボ払いと分割払いの違いとは?

リボ払いは、基本的に毎月の返済額が固定されており、返済回数が変動されます。支払い金額が増えた場合、回数を増やすことで返済していくことなります。


分割払いは、毎月の返済額が変動する分、返済回数は固定されます。買い物ごとに返済回数を決めて、返済していくことになります。

 

リボ払いの場合、毎月の返済額は固定されているのですが、実は範囲内であれば支払う額を自分で変えることができてしまいます。

 

そのため、月々の返済額を少なくしてしまい、結果的に利息や総支払額がどんどん増えてしまうという状況に陥る可能性があります。

 

分割払いの場合は、決めた支払い回数に応じて支払い金額が決まり、後から変えられないので、終わりも決まります。ですので、返済完了が延びていってしまう可能性のあるリボ払いの方が怖いと言えます。

 

次に、リボ払いにおける3つの解決法について紹介します。

 

リボ払いにおける3つの解決法

 

では、「リボ払いにおける3つの解決法」について、紹介していきます。具体的な解決法は、以下の3つです。

 

リボ払いにおける3つの解決法

 

①低金利のカードローンに返済先を変える

 

②おまとめローンを活用する

 

③毎月の返済額を上げる

 

一つずつ解説していきます。

 

方法①:低金利のカードローンに返済先を変える

 

一つ目の方法は、リボ払いで返済するのではなく、低金利が適用されているカードローンでお金を借りて、リボ払いは一括で返済し、新しく借りたカードローンをコツコツと返済していくというものです。

 

そうすることで金利を下げることができ、月々の支払い金額や総支払額を下げることができます。

 

お金を借りることのデメリットは、利息によって余計な費用がかかってしまうことです。その利息の総額に直結するのは、金利が高いかとどれだけの期間借りているかです。

 

返済にあたって金利は低ければ低い方が良いです。ちなみに100万円借りて、月2万円ずつ元本を返済する場合、年利18%と年利10%という8%もの差があると、年利18%の方が総支払額は約17万円ほど高くなりますし、月々の支払額も3000円以上変わってきます。

 

上記の例から、返済にあたって金利が低いかが重要ということがわかると思います。リボ払いなども含めてお金を借りる場合は、できる限り金利が低くなるようにしていきましょう。

 

方法②:おまとめローンを活用する

 

二つ目の方法は、おまとめローンを活用することです。おまとめローンを活用することで、金利を下げられる可能性があります。

 

おまとめローンとは、数社借り入れをしている場合に、借り入れを一つの会社にまとめることで、返済の手間を削減し、金利も抑えやすくなるというものです。

 

この方法は、いくつかのカードでリボ払いをしてしまっている場合などが特に有効です。基本的に少額で借りている方が、金利は高くなる傾向にありますので、まとめて借りる分、金利を低く抑えられるようになります。

 

方法①も②も、やっていることとしては「金利を低くする」ということです。借りやすいものであればあるほど、金利は高くなりますし、高い金利を下げようとするのは大変です。

 

もう借りてしまっている場合は仕方がないですが、これから借りようとする場合は、なるべく低い金利(年利5%以下)で借りられないかをまず考えるようにしましょう。

 

方法③:毎月の返済額を上げる

 

三つ目は、毎月の返済額を上げることで、借金が膨れ上がることなく返済できます。これが一番シンプルな方法と言えるでしょう。

 

リボ払いの怖いところとして、返済額を自分で簡単に設定できてしまうということがありますが、これは逆に返済額を上げることができることでもあります。うまくいけば、分割払いよりも利息を抑えることができる可能性もあります。

 

また、方法①と②は、借り換えをしなければならないので手間がかかります。ですが、この方法③は、借りてしまっているリボ払いはそのままなので、誰でもできる方法と言えます。

 

当たり前ですが、月々の返済額が大きければ大きいほど、返済が早く終わるので、利息を抑えられます。日々生活していると、予期せぬものも含め様々な出費がかかりますが、最優先で返済にお金を回しましょう。

 

 

逆を言うと、毎月の返済額を少なくしてしまうと、返済分における元本部分が減ってしまい、借金を返すのに時間がかかるため、その分利息が増えて、総支払額が大きくなってしまいます

 

また、返済がうまくいかないケースとして、返済中に生活費が足りず、再度リボに手を出してしまうということも良くあります。そうしないためにも、月々の返済額はなるべく多くしておくことが重要です。

 

毎月の返済額を減らさない」ということを肝に銘じつつ、なるべく多く返済に回し、スピーディーに返済していきましょう。

 


 

以上です。今リボ払いをされている方は、上記の3つの取り組みやすいところから取り組んでみて、できるだけ早くリボ払いから抜け出すことをおすすめします。

 

まとめ

 

この記事では、リボ払いと分割払いの仕組みと3つの解決法について紹介しました。シンプルに考えて、リボ払いは年利15~18%とかなり高いので、早く抜け出すことをおすすめします。

 

ちなみに法人の場合、取引先に対するお金の支払いをリボ払いのように後回しにすることはほぼできません。そのため、資金がショートしてしまいそうな場合は、前もって銀行融資などの低金利での借り入れを準備しておくことが望ましいでしょう。

 

ですが、そもそも銀行からは借りることができないような状況の方もいると思います。実はそのような場合でも、スムーズに資金調達を行える方法は存在します

 

そこで、まずは資金調達が厳しい状況を書き出してみました。

 

資金調達が厳しい状況

・信用がないため借り入れできない(金融ブラックなど)

 

・担保や保証人を用意できない

 

・税金を滞納している

 

・即日入金でないと資金繰りが厳しい

 

・銀行には既にいくつも融資を断られてしまった

 

・赤字のため、そもそも融資は厳しそうだ、、と感じている

 

上記に一つでも当てはまる方がいましたら、ファクタリング」がおすすめです。ファクタリングは、お金の貸し借りではなく売掛金の買取サービスで、様々な事情を抱える方々の資金調達を可能にしました。

 

ファクタリングは手数料が高いというデメリットがありますが、その分審査が通りやすく、業者によっては即日入金も可能という大きなメリットがあります。

 

ファクタリングが気になる方は、まずはファクタリング業者の一括査定を利用するのがお勧めです。たくさんのファクタリング業者がいて選びきれない中で、あなたに合うファクタリング業者をピックアップできます。

 

チョウタツ王であれば、30秒で簡単に無料一括査定を行うことができますので、活用してはいかがでしょうか。

 

【チョウタツ王の一括見積もりはこちら!】