【ファクタリング】メリットとデメリットのまとめ

即日で現金化することができ、かつ審査に通りやすいと言われている金融サービスの「ファクタリング」が今、注目されています。

 

当たり前ですが、何事にもメリットとデメリットがあります。ファクタリングも同様です。 ファクタリングにおけるメリットとデメリットを事前に理解しておくことで、適正なファクタリングができるようになります

 

そこで、今回の記事では

「ファクタリングのメリット 8点デメリット 8点」 を解説していくと共に、

 

チョウタツ王が厳選した

「ファクタリングのメリットデメリットを考慮した優良業者3選」 もご紹介します。  

 

この記事を見ることで、 ファクタリングのメリットとデメリットを理解し、適正なファクタリングができるようになり、自分にあったファクタリング業者を見つけられるようになるでしょう。

 

ファクタリングのメリット 8点  

まずは、ファクタリングのメリットを8つご紹介します。

 

・最短即日で資金調達できる        

・柔軟な審査基準 〜銀行融資より審査が易しい〜

・取引先に知られない ※2社間ファクタリングの場合

・保証人や担保が不要

・融資の履歴に残らない、信用に傷がつかない

・取引先の倒産に備えられる

・財務状態を改善できる手段となる

・資金回収コストを削減できる

 

それぞれ解説していきます。    

 

最短即日で資金調達できる

 

ファクタリングの最大のメリットとも言えますが、最短即日で売掛金を現金化することができます。急に現金が必要になり、カードローンなどが使えない場合でも、スピーディーに資金調達ができます。

 

ちなみに、公的融資だと1か月以上、銀行融資は2〜3週間ほど審査に時間が掛かりますが、その点ファクタリングは即日で対応してくれる業者もあります。

 

柔軟な審査基準

 

一般的にファクタリングは銀行融資より審査が易しいです。なぜなら、銀行融資では自社の信用が審査対象となりますが、ファクタリングでは「売掛金」や「売掛先の企業」に対する審査がメインとなるためです。

 

審査に関してですが、ファクタリング対象の売掛金が、確実に存在するか、定期的に発生するか等を調査します。売掛先の企業に関しては、その会社の与信を調査します。

 

つまり、自社の信用は審査基準ではないため、自社の信用がなく融資が使えない場合でも資金調達が可能となります。この点も大きなメリットの一つと言えます。

 

取引先に知られない

 

2社間ファクタリングの場合、自社とファクタリング業者のみのやり取りとなるので、売掛先の企業に知られることなく資金調達ができます 。取引先に知られることで、資金繰りが厳しい会社と思われる可能性がありますので、それを防ぐことができます。

 

3社間ファクタリングの場合では、ファクタリング利用を売掛先の企業に同意してもらう必要があるので、必ず通知されます。売掛先の企業に知られたくない場合は、2社間ファクタリングの利用をおすすめします。

 

保証人や担保が不要

 

銀行融資では必須である保証人や担保ですが、ファクタリングの場合は必要ありません。なぜなら、ファクタリングは売掛債権の売買になるためです。保証人や担保が不要のため、資金調達のハードルは低く、利用しやすいと言えます。  

 

融資の履歴に残らない、信用に傷がつかない

 

ファクタリングは、売掛債券の売買であり、融資ではありません。 そのため、信用情報の履歴には残りません。今後の融資のために信用に傷をつけたくない場合、ファクタリングの利用を検討するのも一つの手です。

 

取引先の倒産に備えられる

 

取引先が倒産したとしても、ファクタリングで受け取ったお金を返す必要はありません。これをノンリコースと言います。売掛金を確実に回収するために、ファクタリングを活用するという方法もあります。

 

財務状態を改善できる手段となる

 

売掛金を現金化することができるので、その現金を他に回すことができます。売上増加に向けての投資や、負債に充てるなど、財務状態を改善する手立てにできます。  

 

資金回収コストを削減できる

 

売掛金の回収のため、連絡や訪問などに使われていた企業のリソースが、 ファクタリングを利用することで、他に使えるようになります。そのリソースを売上増加のために使うことで、より効率的な経営ができるようになります。

 

以上がファクタリングの8つのメリットになります。  

 

ファクタリングのデメリット 8点  

次に、ファクタリングのデメリットを8つご紹介します。  

 

・手数料が割高でかかる

・債権譲渡登記が必要な場合がある

・契約に手間がかかる ※3社間ファクタリングの場合

・取引先に資金繰りが厳しい会社なのかと思われる ※3社間ファクタリングの場合

・売掛先次第で資金調達できない可能性がある

・売掛金以上の資金調達できない

・ファクタリング業者選びが難しい

・悪徳業者による詐欺の可能性がある

 

それぞれ解説していきます。  

 

手数料が割高でかかる

 

銀行融資などと比べて、手数料が割高でかかります。銀行融資の手数料は1%台~10数%が相場ですが、ファクタリングの手数料の相場は1%~30%です。相場の幅が広いのは、各種条件によってリスクの大きさが変わり、それに応じて手数料の割合も変わってくるためです。

 

具体例で言えば、3社間ファクタリングの相場は1%~10%で、2社間ファクタリングの相場は10%~30%です。3社間ファクタリングの場合は、売掛先の企業からファクタリング業者に入金されるため、ファクタリング業者から見た時のリスクが小さいため、手数料の割合が低いです。

 

また、ファクタリング業者によっても手数料は変わってきます。

 

債権譲渡登記が必要な場合がある

 

ファクタリング契約の条件として、債権譲渡登記が必要な場合があります。その場合、法務局で登記されることになりますので、誰でも知ることができます。   

 

契約に手間がかかる

 

3社間ファクタリングの場合ですが、ファクタリングの利用に関して、売掛先の企業の同意が必要になります。 そのため、契約までに時間や手間がかかります。

 

時間や手間をかけたくない場合は、売掛先の企業の同意が必要のない2社間ファクタリングを利用することをおすすめします。

 

取引先に資金繰りが厳しい会社なのかと思われる

 

3社間ファクタリングの場合ですが、ファクタリングの利用を売掛先の企業に知られることになります。ファクタリングを利用しなければならないほど、資金繰りに厳しい会社と取引するのはリスクだと捉えられて、取引先の信用を失う可能性があります。

 

同様に、新規取引や大手企業からの取引を減らされる可能性があります。    

 

売掛先次第で資金調達できない可能性がある

 

ファクタリングを利用するには審査を通る必要があり、審査を通るために重要なのが売掛先企業の信用です。売掛先の信用がなければ、資金調達できない可能性があります。

 

もし売掛先の企業がいくつもあって選べるのであれば、大手の企業や経営が安定している企業など、信用がありそうな企業を選んだ方が良いです。

 

売掛金以上の資金調達できない

 

当たり前の話になりますが、ファクタリングは売掛債券の売買なので、売掛金以上の資金調達ができません。

 

ファクタリング業者選びが難しい

 

大手から中小までかなり多くのファクタリング業者が存在します。そのため、自社にあったファクタリング業者を選ぶのはとても難しいです

 

自社の現在の状況によっても、選ぶべきファクタリング業者は異なります。入金スピードが早い方が良いのか、手数料を抑えて利用したいのかなど、求める条件によって変わってくるため、都度条件にあった業者を選ぶことが重要になってきます。

 

悪徳業者による詐欺の可能性がある

 

業者の中には、法外な手数料をとる悪徳業者もいます。ファクタリング業者と名乗っておきながら、実際は闇金融業者だったり、闇金融まがいのことを行う業者もいます。

 

悪徳なファクタリング業者に引っかからないようにするためには、

 

・手数料が高すぎないか

・債権の買取金額が安すぎないか

・契約書に債権の売買契約であることをが定められているか

 

を確認しておくことが重要です。

 

以上がファクタリングの8つのデメリットになります。  

 

ファクタリングのメリットデメリットまとめ

前の章で紹介した、ファクタリングのメリットとデメリットをまとめたものが 以下の表になります。  

 

 

ファクタリングのメリットやデメリットを理解しつつ、ファクタリングを効果的に利用していくことが重要です。

 

そのためには、ファクタリングの業者選びがとても重要になってきます。

 

なぜなら、業者によってメリットデメリットの程度が変わってくるからです。どのメリットを重要視し、どのデメリットを受け入れていくかは、自社の状況によって変わってきます。

 

ですので、今回チョウタツ王の独自調査による優良業者3選を、メリットデメリットを踏まえながらご紹介します。  

 

ファクタリングのメリットデメリットを考慮した優良業者3選  

 

①GMOペイメントゲートウェイ

 

ポイント

メリット:高額取引にも対応 ・大手の安心感 ・手数料が安い

デメリット:審査に時間がかかる ・審査が通りづらい

 

「売掛金額が大きく、売掛先の信用もあり、入金までのスピードよりも手数料を抑えたい方におすすめ」

 

GMOグループが展開しているファクタリング業者です。東証一部上場企業ですので、かなり安心感があります。審査が厳しい分、手数料は低いのが特徴です。手数料は2種類のプランによって異なり、スポットプランというものであれば3%〜、継続プランというものであれば2%〜です。

 

審査期間は1週間程度、審査後の入金スピードは最短2日と、大手の中では比較的早い方になります。売掛金の買取可能額は、スポットプランというものであれば300万円~1億円、継続プランというものであれば100万円~1億円です。

 

気になる方は、「GMOペイメントゲートウェイ」をチェックしてみてください。

 

②ワイズコーポレーション

株式会社ワイズコーポレーション

 

ポイント

メリット:スピード対応・即日入金 ・クラウドサインが使える ・審査が通りやすい

デメリット:手数料が割高

 

「いち早く資金調達をしたい方、契約の手間をかけたくない方におすすめ」

 

池袋にあるファクタリング業者で、即日入金に対応できます。審査はあまり厳しくありません。2社間・3社間ファクタリング、どちらも対応しており、債権登記を入れずに買い取ることにも対応しています。

 

手数料は5%〜25%で、即日入金も対応していますし、買取可能額は最低50万円から最大5000万円までと幅広く対応しています。

 

また最大の特徴としては、オンラインで審査・契約が完結する点です。そのため、かなりスピーディーにファクタリング審査・契約・入金まで行うことが可能です。

 

顧客満足度は「93%」と業界最高水準を誇り、リピート率は「91%」という驚異の数字を実現させています。
気になる方は、「ワイズコーポレーション」をチェックしてみてください。

 

③ファクタリングのTRY

 

ポイント

メリット:即日入金対応可能 ・10万円から対応 ・個人事業主でも対応  

デメリット:手数料が割高  

 

「10万円などの少額から対応してほしい方、個人事業主におすすめ」

 

株式会社SKOが運営する、上野にあるファクタリング業者です。最短即日入金が可能です。2社間・3社間ファクタリング、どちらも対応しており、債権譲渡登記を行わずに契約することもできます。

 

手数料は10%が基準となっており、他社から乗り換えでファクタリングを行う場合、手数料が5%優遇されるサービスがあります。買取可能額は、最低10万円から対応しており、法人だけでなく個人事業主のファクタリングにも対応しています。

 

気になる方は、「ファクタリングのTRY」をチェックしてみてください。

 

 

以上、優良業者3選いかがだったでしょうか。

ファクタリングのメリット・デメリットを理解して、自社にあうファクタリング業者を見つけることが大事です。  

 

自分にあったファクタリング業者を見つけよう  

 

ファクタリング業者選びの最大の失敗として挙げられるのは、悪質業者にファクタリングを依頼し、詐欺に引っかかってしまうことです。  

 

依頼する業者が悪質業者でないのは当然ですが、自社にあった業者を見つけることで、メリットを最大限受けられ、デメリットを最小限に抑えることができます。

 

そこで、あなたにあったファクタリング業者を見つけるには、  

 

まずは「ファクタリング業者の一括見積もり」をお勧めします。  

 

なぜなら、あなたの会社の状況・利用額・求める条件などによって、どのファクタリング業者を利用した方が良いかは変わってくるからです。  

 

またメリットやデメリットの程度は様々なので、一社だけみて決めるよりも、色々な業者をみて決める方が、よりあなたにあったファクタリングができます。

 

ファクタリング業者一括見積もりでは、まとめて色々な業者とやりとりできますので、あなたの会社にあったファクタリング業者を効率的に見つけることができます。  

 

【チョウタツ王の一括見積もりはこちら!】

 

ぜひ、あなたの会社にあったファクタリング業者を見つけていただければ幸いです。