【個人事業主必見】自営業はローン審査が厳しい!?それでも借りる方法とは

最近は自分でお店を始めて、起業する人が増えています。

 

ただ自営業での最初の問題は、資金繰りになってくるのではないでしょうか?

 

一般的に普通の会社員よりも自営業の方がローンの審査が厳しいと言われています。

 

そんな方向けに自営業はローン審査が厳しい!?それでも借りる方法とは」を詳しく紹介していきます

 

個人向けカードローンかビジネス向けローン

 

個人事業主が即日で資金を調達する方法は、個人でカードローンを契約する方法と、事業主としてビジネス向けでローンを契約する方法の2パターンの方法があります。

 

両方とも即日融資をするのであれば、申し込んでから融資を受けるまでの時間や金利などにはそこまでの差はありません。

 

個人事業主だと、審査は事業内容だったり業績も審査の時に確認されますが、審査の内容も大した違いもないです。

 

そのため、上記で説明しました「申し込んでから融資を受けるまでの時間や金利以外の特徴」をよく調べてから選択しましょう。

 

個人向けカードローンのポイント

 

基本的に個人向けカードローンは生活費などビジネス以外の資金として借り入れることがメインになります。


個人として契約しているので、資金の使い方は自由になっているものがほとんどです。

 

そのため、生活費、冠婚葬祭、旅行など普段生活で使用するのためなど何に使っても良いです。

 

しかし、一部のカードローンは事業に使用することを禁止しているところもあります。

 

カードローン 生計費 事業資金
プロミス ×(個人事業主は○)
SMBCモビット
アコム
アイフル
レイクALSA ×
バンクイック ×
三井住友銀行カードローン ×
楽天銀行スーパーローン ×

 

事業用に個人向けカードローンを使用するなら、事業資金にも使える会社を選らばなければなりません。

 

例えばSMBC、アコム、アイフルなどのカードローンは、生活費と事業資金の両方に使用することが出来ます。

 

しかしレイクALSA、バンクイック、三井住友銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなど事業資金には使用出来ないので注意が必要になります。

 

また、個人向けカードローンは初回の限度額は、低めに設定されることが多いです。


ビジネスローンと比較すると、借りられる資金は少ないことが多いです。


個人だとMAXでも数百万円位しか借りれることは出来ないでしょう。

 

カードローンで限度額を高くするためにはまずは少額の金額を借りてそれを返済していきましょう。

 

これを繰り返すことによって、実績が付き限度額を高くすることが出来ます。

 

ビジネスローンのポイント

 

ビジネスローンはその名の通り、ビジネスで使用することを目的として資金を借りることです。

 

事業に使用する物や取引先への支払いなど、事業に関わることしか基本は使用してはいけません。

 

そのため、個人向けのカードローンみたいに生活費、冠婚葬祭、旅行など普段生活に使用することは出来ません。

 

ただ、数は少ないが事業資金以外でも使用しても良い場合あります。

 

借りる所にもよりますので、事業性資金以外にも使用したい場合はよく確認しましょう。

 

また、ビジネスローンは個人向けのカードローンと比べると、借りれる金額が高いことが多いです。

 

何故かというと個人向けのカードローンには、借りすぎて自己破産などを防ぐために年収の1/3以上の金額を貸してはいけないという法律があります。

 

しかし、ビジネスローンはその法律外になります。

 

カードローンはMAXでも数百万円位しか借りることは出来ないが、ビジネスローンでは億を借りることも出来るのです。

 

ただ、借りる金額が大きくなるほど審査もきつくなってくるので、あまり高望みはしない方が借りれる可能性は高くなるでしょう。

 

審査方法ですが、個人向けのカードローンは、本人確認と収入証明があれば基本的には問題ありません。

 

ビジネスローンでは、本人確認と3期分程度の決算書や確定申告書、税務申告書、事業計画書など、かなりの書類が必要になることもあります。

 

ビジネスローンは多くの資金を借りれることが出来るが借りるのに書類がかなり準備が必要になってくる場合が多いです。

 

自分の用途に合った方を選んでいきましょう。

 

ローンの審査通過ポイント3選

 

カードローンとビジネスローンどちらから借りるにしても、審査が通らないと始まりません。

 

確実に審査を通過できるように準備しましょう。

 

はじめにも書いた通り、一般的に普通の会社員よりも自営業の方がローンの審査が厳しいと言われています。

 

そこで、以下の3つのポイントに注意して審査を迎えましょう。

 

・必要な書類は最新のものを用意する
・事業の安定性をアピールする
・必要最低限の借り入れにして、あまり高額な借入は狙わないようにする

 

必要な書類は最新のものを用意する

自営業は本人確認書類やその他の書類を提出しなければいけないことあるかも知れません。

 

その時に、指示された書類を指示された期間分提出しなければなりません。

 

なので普段から書類をまとめておいた方が審査の時に慌てずにすむのでしっかりまとめておきましょう。

 

最近のものだけでなく、3期前程度の書類が必要になることもあります。

 

また、最新の情報が書いてある書類になっているかも良く確認しておきましょう。

 

住所、電話番号、業務内容などの基本的な所が最近変わったなど、ローンの申し込みする時に入力する内容と提出する書類に違いがないようにしっかり確認しなければなりません。

 

ここで相違があると信憑性や信頼度が落ちてしまい審査が不利になってしまうので気を付けましょう。

 

事業の安定性をアピールする

基本的には3期分程度の決算書や確定申告書などをもとに、事業の安定性や返済能力が審査されることとなります。

 

一般的に普通の会社員よりも自営業の方がローンの審査が厳しいと言われているのは、この事業や収入の安定性が低いと思われるからです。

 

ローンの審査を通るために、過去でお金のトラブルがないことが絶対の条件になります。

 

過去で税金の未納だったり、債務超過をおこしていたり、長期延滞などの金融事故があったらまず審査には合格することは出来ないでしょう。

 

直近3期分の実績を書類でアピールして、事業が安定していて返済をしっかりできるという事を証明することが大切になってきます。

 

必要最低限の借り入れにして、あまり高額な借入は狙わないようにする


はじめてローンを申し込んだ時に、あまり高い借入を行うのはやめましょう。

 

現状の資金が無く事業が危険な状態と思われてしまうからです。

 

はじめは必要最低限の資金を借りるようにして、返済するようにしましょう。

 

そうすることで実績がつくことで信頼を得ることができるので、その後、高額な資金を借入れるようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は【自営業はローン審査が厳しい!?それでも借りる方法】について紹介しました。

 

本記事の内容が皆様の生活で少しでも参考になれば幸いです。

 

また、チョウタツ王は中小企業・個人事業主の資金調達手段のひとつとしてファクタリングを推奨しています。

 

未回収の売掛金に関するリスクを軽減できたり、売掛債権を譲渡して現金を調達できたりすることが特徴です。

 

現在非常にニーズが高まっている金融サービスのひとつで、主に中小企業や個人事業主によって利用されています。

 

もし皆様がファクタリングの利用をご検討されている場合は、

まず一括査定の活用をおすすめいたします。

 

チョウタツ王の売掛金の無料一括査定では、

利用者に最適な優良ファクタリング業者の提案を行っています。

 

当サービスによって、皆様がより最適なファクタリング業者に

巡り合うことができれば幸いです。

 

ぜひご活用ください。

 

【チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちら】