今申し込むべき支援制度と補助金トップ5

様々な分野で募集され、事業者の取り組みをサポートしてくれる

支援制度や補助金制度。

 

 

この支援制度や補助金を上手に使えば、資金繰りに困ったという状況を

回避できるかもしれません。

 

 

しかし、当然知らなければ使うこともできず

気が付いたら申請期間が終わっていたということも…

 

 

そこで今回は、今申し込むべき支援制度と補助金トップ5をご紹介いたします。

 

 

本記事をご覧いただくと、今申請すべき支援制度や補助金とその活用事例などがわかります。

 

 

ぜひ参考にしてください!

 

 

 

 

支援制度・補助金とは

 

 

 

支援制度や補助金は、国や自治体の政策目標に合わせて、さまざまな分野で募集されています。

 

 

支援制度と補助金の違いとしては

 

支援制度⇒国が該当している人に対して支援してくれる

補助金⇒事業に対して補助してくれる

 

という違いです。

 

 

それぞれ支援制度や補助金によって「目的・趣旨」がことなるので,

自分の事業に合った支援制度、補助金をみつける必要があります。

 

 

また、必ず全額もらえるというわけではないので、事前にしっかりと

割合や上限額を確認しましょう。

 

 

補助金は融資などとは異なりお金を返済する必要はありませんが、審査があるので

「申請したら必ずもらえる」というものではありません。

 

 

補助の有無や金額は「事前の審査」と「事後の検査」によって決まり、

原則、補助金は後払いなので、事業の実施後に必要書類を提出して検査を受けた後、受け取ることができます。

 

 

 

 

 

今申し込むべき支援制度と補助金トップ5

 

 

では、本題の支援制度と補助金トップ5をご紹介します!

 

 

支援制度と補助金トップ5

①小規模事業者持続化補助金

②IT導入補助金

③ものづくり補助金

事業再構築補助金

認定支援機関による経営改善計画策定支援事業

おまけ 月次支援金

 

 

 

 

①小規模事業者持続化補助金

 

 

持続化補助金とは小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取り組みに

要する経費の一部を支援する制度です。

 

 

この制度は、商工会、商工会議所のサポートを受けながら

経営計画書、補助事業計画書を作成し、審査を経て採択が決定された後

所定の補助を受けることができます。

 

 

補助金額:~100万円

 

補助率:2/3

 

締め切り:持続化補助金(一般型)

6次締切:令和3年10月1日(金)必着

持続化補助金(低感染リ:スク型ビジネス枠)

第3回受付締切:令和3年9月8日(水)

 

 

 

活用事例

 

◆改装とHPのリニューアルを行い、売上の増加に成功した(鮨 幸KO-NO乃)

 

◆多言語に対応したメニューを新しく作成し、外国人客の獲得に成功(株式会社 摩周)

 

◆急速冷凍機を導入し、非対面・宅配サービスを実現させた(アルパカ舎)

 

 

 

問い合わせ先

 

商工会地区:全国商工会連合会
電話:03-6670-2540
受付時間:9:00-12:00/13:00-17:00(土日祝日除く)
URL:http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/

 

商工会議所地区:日本商工会議所 
電話:03-6447-2389
受付時間:9:30-12:00/13:00-17:30(土日祝日除く)
URL:https://r1.jizokukahojokin.info/

 

 

 

 

 

②IT導入補助金

 

 

日々の業務の効率化・自動化の為のITツールの導入をサポートする補助金です。

 

 

IT導入したいけど資金が…と悩んでいた方はこれを機に導入を検討してみてください!

 

 

補助金額:30万円~450万円

 

補助率:1/2

 

締切:3次締切 9月中予定

 

 

 

活用事例

 

紙で管理していた業務日誌などをITツールで管理するようになり

 転記の手間やミスがなくなったことで、効率と正確性が高まった

 

事業承継などの課題に対応するため、販売管理システムを導入。

 得意先の需要予測や仕入れ単価の推移が見える化され、売上が上がった。

 

 

問い合わせ先

 

IT補助金2021ホームページ   https://www.it-hojo.jp/inquiry/

 

 

 

 

③ものづくり補助金

 

 

生産性向上のための革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善

を行うための設備投資を支援する補助金です。

 

 

補助金額:100万円~1000万円

 

補助率:中小1/2 小規模2/3

 

 

 

活用事例

 

◆ネット通販の普及の影響で売上の減少に悩んでいた寝具店が

 店舗販売強化のため寝心地を測定するセンサーを導入

 顧客に合った販売が可能になり、若い世代の新しい顧客の獲得に繋がった

 

クッキー生地の食べられるコーヒーカップを開発。可食容器製造機械を導入

 生産力は10倍に、生産コストは10分の1になった。

 インスタ映えすると話題になり大ヒット

 

 

 

問い合わせ先

 

ものづくり補助事業公式ホームページものづくり補助金総合サイト 

https://portal.monodukuri-hojo.jp/

 

 

 

④事業再構築補助金

 

 

コロナウイルスによる経済活動の変化に対応するための企業の思い切った事業再構築を支援する補助金です。

 

 

 

補助金額:通常枠 100万円~6000万円

     卒業枠 6000万円超~1憶円

 

補助率:通常枠・卒業枠ともに 2/3

 

 

 

活用事例

 

喫茶店の飲食スペースを縮小し、コーヒー豆やお菓子の販売を実施

 

映像編集向けの画像処理技術を活用し、新たに医療者向けの診断サービスの実施

 

 

 

問い合わせ先

 

事業再構築補助金ホームページ   https://jigyou-saikouchiku.go.jp/

 

 

 

 

⑤認定支援機関による経営改善計画策定支援事業

 

 

自ら経営改善計画等を策定するのが難しい中小企業・小規模事業者を対象をして認定された

経営革新等支援機関が経営改善計画などの策定支援を行うことで経営改善を促進する国の事業で

 

 

経営改善計画を策定し、審査が通ると金融機関から金融支援受けられ

また、顧問企業先での費用負担が必要だが、認定支援機関の関与により、

国から2/3の補助金(上限200万円)が受けられる制度です。

 

 

 

支援金額:フォローアップ費用の総額の3/2(上限200万円)

 

 

 

問い合わせ先

 

中小企業庁ホームページ https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/kaizen/index.htm

 

 

 

 

 

おまけ 月次支援金

 

 

2021年4月以降に、緊急事態宣言又はまん延防止等重点措置に伴う飲食店の休業・時間短縮営業

又は不要不急の外出・移動の自粛により、特に大きな影響を受け売上が大きく減少している

中小法人・個人事業主を対象に支援金を支給する制度です。

 

こちらは

 

支援金額:中小法人 ~20万円/月

     個人事業主 ~10万円/月

 

締切:6月分 8月31日まで

   7月分 8月1日~9月30日まで

   8月分 9月1日~10月31日

 

 

 

問い合わせ先

 

月次支援金ホームページ https://ichijishienkin.go.jp/

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

本記事では、今申し込むべき支援制度と補助金トップ5を紹介しました。

 

 

コロナウイルスの影響もあり、この他にも様々な支援制度や補助金があります。

 

 

一度締め切られても延長したり、2次3次と募集がある場合もありますので

支援や補助を受けたいという方はこまめに確認しましょう。

 

 

 

支援制度や補助金は上手に活用すれば、資金繰りに活用することができます。

しかし、後払いですぐには振り込まれないのがデメリットです。

 

 

そこで、今すぐ資金調達が必要という方にはファクタリングがおすすめです。

 

 

チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」では、利用者に最適なファクタリング業者の提案を行っています。

 

 

ぜひお役立てください。

 

 

【チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちら】