法人企業必見!資金ショートを防ぐための対策5選

世の中の状況が厳しく経営も安定しない。

 


不況の煽りを受けて資金ショートを起こし会社が倒産の危機に陥ってしまったらどうすれば良いのか・・・

 


このような悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

今回は資金ショートを起こさないためにできる対策を5選解説していきます。

 


倒産の危機を回避するため、現時点で自分にできる対策はどのようなものがあるのか知ることができるので是非最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

 

資金ショート対策5選

 

 

コスト削減

 


資金ショートを起こしてしまいそうなときにまず1番先に取り組みやすい改善策はコスト削減になります。

 


企業としての支出は以下のような項目が挙げられます。

 


従業員へ支払う給与、賞与などの「人件費」


取扱商品の仕入れや管理などの「変動費」


社屋の家賃や水道光熱費などの「固定費」

 

 

 



削減するコストは、以下3点を抑えているものが望ましいです。

 

 

・コスト削減に準備を必要としない(もしくは準備が少ない)もの


・削減できる金額が大きいもの


・リスクが少ないもの

 

 

 

上記の中で「人件費」はコスト削減しやすい項目ではありますが、安易に行ってしまうと従業員のモチベーションが低下してしまい、会社全体の士気が落ち生産性の低下につながってしまうので、人件費を削減することはあまりお勧めできません。

 

 

どうしてもやらなければならない時は、残業を会社として原則禁止にするなど時間外勤務や休日出勤、深夜勤務などの労働に対して支払う「割増賃金の削減」を行うのも効果的なのではないでしょうか。

 

 

また、変動費のコスト削減を行う場合は仕入れ先の変更や管理方法の見直しなど根本的な業務の見直しをすることで、より良い運用ができる可能性も大いにあるので資金繰りが厳しくなる前に、もしくは定期的に見直しをするのも対策の一つになるのではないでしょうか。

 

 

コスト削減が難しく、行ったとしてもカットできる金額が少ない固定費においても定期的な見直しが大切になってくるため、小さな節約の積み重ねで効果を実感できる項目でもあるため、社内で目標を掲げて実施すると良いでしょう。

 

 

返済計画のリスケ交渉

 


リスケとはリスケジュールの略を指し、銀行など金融機関から受けている融資の返済条件の見直しまたは変更をお願いするというものです。

 


仮に月100万円の返済を条件に融資を受けている場合、リスケ交渉をすることで一定の期間のみ半額の50万円に減額してもらうということが可能になるといった仕組みです。

 



一口にリスケと言っても、「返済額の減額」のみではなく、月々の負担を軽くするための「返済期間の延長」という方法や、一定の期間「利息のみの返済」をする方法などがあります。

 

 

もし資金ショートしてしまう可能性があるのならば、会社の経営状況に合わせたリスケを金融機関に依頼することから始めてもよいのではないでしょうか。

 



リスケを認めることは金融期間にはマイナスのように感じられるかもしれませんが、資金ショートを起こして融資したお金の回収ができなくなってしまうことの方が問題なので、会社の状況を包み隠さず営改善計画を立て真摯に向き合えば交渉の成功率も大幅に高まることが期待できます。

 

 

社会保険料や税金など支払期限の交渉

 

 

社会保険料や税金は、決められた期日までに半年または1年分の金額をまとめて払う必要があるので以上に大きな支出になります。

 


会社経営をする上でも大きな負担になるので、現状を把握してしっかりとした対策を行なっていくことが重要です。

 

 

社会保険料や税金などの支払は年度によって金額の増減があるため資金ショートを起こしてしまう原因にもなりかねません。

 


そのため資金ショートの可能性がある場合には最寄りの税務署へ、「支払の一時保留」や「分割払い」で対応してもらえるかなどの相談しに行くことをおすすめします。
その際、前もって資金繰り表や事業計画書などを準備をしていくと、真剣さが伝わり話もスムーズに進められることが期待できます。

 

 

保有資産の見直し

 

 

経営者が所有している土地などの個人資産や、会社の遊休資産を売却して現金化することで資金ショートを防ぐこともできます。

 



不動産を持っている場合は売却して現金化できるというだけではなく、それまでかかっていた固定資産税や維持費、管理費の削減も同時に行えるのでコスト削減する上ではおすすめできる方法になります。

 

 

他にも、会社が保有している現金・商品・家財などの「動産」を担保にした「在庫担保融資」を利用して現金化する方法や、「定期預金」の切り崩しまたは「定期預金担保貸付」で現金化する方法、手形を「手形割引」として期日前に現金化する方法もあります。

 

 

ファクタリングの利用

 


ファクタリングは、売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらい手数料を引いた金額を受け取るという資金調達方法のことを指します。

 


金融機関からの借入とは違い、赤字や負債が返済できない状況でも基本的に売掛債権があれば現金化することが可能です。

 


融資では無いため審査が通りやすく、最短即日で現金化することが可能なので資金繰りが厳しい事業者からの利用が急増しています。

 

 

おすすめの資金ショート対策は?

 

 

ファクタリング

 



上記で解説した通りファクタリングは「審査が通りやすい」「最短即日」という簡単かつ即効性がある資金調達方法なので現金化までがスムーズです。

 

 

資金調達の手段としてビジネスローンなど検討される方もいると思いますが、限度額の上限がないファクタリング業者も多数存在するので上限金額を気にすることなく資金調達をすることも可能です。

 



また、ファクタリングは融資ではないので「担保」や「連帯保証人」が不要です。

 


「売掛債権の売却」という手段での資金調達なので信用情報への影響がないことも重宝され近年、さまざまな事業者から支持されています。

 



ただ、利用するにあたり手数料が必要になるので、売掛債権の満額に近い金額を受け取るためには手数料が安いファクタリング業者を見つけることが重要になってきます。

 


手数料は高いところもありますが、1~5%と比較的良心的なところもあるのでファクタリングを検討する際は探してみるのが良いのではないでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

 

資金ショートしそうになってしまった場合は、

 

 

「コスト削減」として会社の支出の見直し改善する。

 

見直しをしていく中で売却できそうな「保有資産」があれば売却し現金化することや、支出を抑えるために金融機関へ「返済計画のリスケ交渉」や税務署へ行き「税金など支払期限の交渉」を行う。

 

資金が足りずにまとまったお金を用意しなければならないときは、ファクタリングなどのサービスを利用して現金化をする。

 

 

ということになります。

 


いかがでしたでしょうか?

 

 

これまで資金ショートを起こしてしまいそうなときの対策を解説してきましたが、現時点で自分にどのような対策ができるのかイメージが掴めましたでしょうか?

 

 

資金繰りが厳しい企業が増えている世の中ですので、資金ショートを起こしてしまいそうになる前の段階で定期的なキャッシュフローの見直しを行い未然に防ぐことが一番の対策になるのではないかと思います。

 

 

ファクタリングに興味を持ち検討したいと思った方は、当サイトの「無料一括査定」を使っていただくことをおすすめします。

時間をかけず僅か30秒ほどで複数社の見積もりを一括で比較することが出来るのでとても便利です。

 

 

この記事を読んでくださった皆様が良いファクタリング業者と巡り合えることを願ってます。

 

 

チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちらから