ファクタリングの一般的な手数料相場について

ファクタリングの手数料相場を調べるにあたって以下のような悩みはありませんか?

 

・ファクタリングの手数料の相場はどのくらい?

 

・なぜ手数料相場の幅が広いのか?

 

・ファクタリング手数料ってどのように決まるの?

 

本記事は、ファクタリングの手数料相場を調べても手数料の幅が広く正しい相場がよくわからないという悩みを抱えていている方へ向けて、ファクタリングの手数料相場と手数料がどのようにして決まっているのかを解説していきます。

 

あなたの会社の事業規模にあった相場の出し方や相場よりも安く手数料を抑える方法もご紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

 

 

ファクタリングの種類について

 

ファクタリングと一口に言っても様々な種類があり、例として下記のようなものが挙げられます。

 

 

・買取ファクタリング

 

・保証ファクタリング

 

・一括ファクタリング

 

・国際ファクタリング

 

・医療ファクタリング

 

 

それぞれ内容が少し違うので、それにかかる手数料も変わってくるという事になります。

 

もっともポピュラーで一般的に多用されるファクタリングサービスは、「買取ファクタリング」という種類のファクタリングで、この記事を読んでくださっているほとんどの方もこれに該当するかと思います。

 

この「買取ファクタリング」は売掛金をすぐにでも現金化したい時に使われる方法で、売掛債権をファクタリング業者に売却し、手数料を差し引かれた金額を受け取るというものになります。

 

 

ファクタリングの一般的な手数料相場

 

ではこの「買取ファクタリング」の手数料がどのくらいかかるのかと言いますと大体「2〜20%」と言われています。

 

幅が広くて参考にならないと思われるかもしれませんが、実はこの買取ファクタリングにも「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」というものがあります。

 

手数料の相場が「2〜20%」というのは「買取ファクタリング」全体を見た時の手数料相場になります。

 

 

2社間ファクタリング

 

2社間ファクタリングの手数料は10〜20%の間で決まることが多いです。

 

2社間ファクタリングの場合は、「利用者」と「ファクタリング業者」の2社間でのやり取りになりますので、貸し倒れのリスクを懸念されます。

 

そのため、あらかじめ手数料は高めに設定されています。

 

 

 

3社間ファクタリング

 

3社間ファクタリングの手数料は2〜9%の間で決まることが多いです。

 

3社間ファクタリングの場合は、「利用者」と「ファクタリング業者」に加えて「売掛先の会社」の3社間でのやり取りになります。

 

そのため貸し倒れのリスクが少なく、手数料は低めに設定されています。

 

 

手数料の決まり方

 

売掛先の信用

 

ファクタリング業者は、まず売掛債権の回収見込みがあるかを判断します。

 

売掛金が入金されなければ、回収が出来なくなってしまうので、「売掛先」の業績、資金力、会社の信用が一番重要視されます。

 

極端な例えですが、

 

売掛先の会社が大きければ「手数料は安く」なる。

売掛先の会社が小さければ「手数料は高く」なる。

 

というようなイメージになります。

 

 

契約の種類

 

2社間ファクタリングか3社間ファクタリングで、そもそもの手数料が違うので、どちらを選ぶかで手数料は変わります。

 

 

利用回数

 

初めてファクタリングを利用する人と何度も利用している人とでは信用度に差が出てくるのでその分、手数料は変動します。

 

初めて利用する場合は、ファクタリング業者から見れば信頼関係が構築できておらず、多少なりともリスクもあると考えられるためやや手数料は高くなりますが、2回目以降では安くなるケースが多いです。

 

 

売掛金の金額

 

また、売掛金の金額が高ければ手数料は安くなり、売掛金の金額が低ければ手数料は高くなることが多いです。

 

ファクタリング業者からすれば、売掛金の金額が高ければその分の利益も出やすいので、利用者が契約しやすいように手数料を安く設定しています。

 

逆に売掛金の金額が低いと、手数料を高く設定をしているということです。

 

 

利用者の人柄

 

ファクタリングのそもそもの目的は企業の成長をサポートするというところにあります。

 

資金を必要としている方は、どういう人間なのかを見極める必要があります。

 

この経営者の事業は「社会のため」になっているのか?

 

自分の「私利私欲のため」の事業になっていないか?

 

など、どのような気持ちで仕事に向き合っているのかも、手数料を決める上でも見られてるポイントになってきます。

 

 

手数料の抑え方

 

売掛先の信用度

 

これは「帝国データバンク」の点数によって判断されます。

 

点数が高ければの「信用度」の証明になるのでファクタリング業者にちゃんと伝えることでリスクの軽減につながり手数料も安くすることができるのではないでしょうか。

 

 

3社間ファクタリングを利用する

 

より手数料を抑えたい場合は3社間ファクタリングで契約するのがいいでしょう。

 

ですが、2社間ファクタリングでも相場より安い手数料のファクタリング業者も中にはあるので、一度探してみるのが良いのではないでしょうか。

 

 

3社以上のファクタリング業者に相見積りをとる

 

前提として、ファクタリングの手数料に関しては

 

年商10,000万円:2%

 

年商5,000万円:5%

 

年商1,000万円以下:9%

 

などと具体的に何%なのか一概に決めることができるものではありません。

 

なので3社ほどのファクタリング業者に相見積りを取り、その中で一番手数料の安いファクタリング業者を選ぶのが、簡単かつ最善の方法であることが言えます。

 

 

ファクタリング業者との信頼関係を築く

 

手数料をいくらにするかジャッジするのは結局は人です。

 

ビジネスパーソンとして信頼できるような誠実な対応を心がけ、提出資料を見やすくまとめるなど、相手の手間が極力少なくなるよう細かな部分にまで気を配って準備しておくと、信頼関係を築きやすくなるのではないでしょうか。

 

 

自分の会社の事業規模にあった適正の手数料相場

 

上記では3社以上のファクタリング業者に相見積りをとることをおすすめしましたが、見積もりがとれたら手数料を比べてみましょう。

 

 

仮に

 

 

A社の提示:5%

 

 

B社の提示:9%

 

 

C社の提示:12%

 

 

だとしたらこの提示の平均「8.6%」があなたの会社の事業規模にあった手数料相場になります。

 

 

A社は安いけど設立したばかりのファクタリング業者で実績が少ないからなぁ

 

 

B社は比較的、良心的だけど手続きが少し手間だな

 

 

C社は内容は良いけどA社とB社と比べると手数料が高いからな

 

 

などの理由で、再度他のファクタリング業者に見積もりを取る場合は

 

 

8.6%」以下を提示をしてくれるファクタリング業者を選ぶのが良いのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

最後におさらいをすると

 

ファクタリングの手数料は、2社間で「10〜20%」3社間で「2〜9%」が相場となっていて、

手数料が決まる要因としては「売掛先の信用」が一番重要視されています。

 

その他にも「契約の種類」「利用回数」「売掛金の金額」「利用者の人柄」が見られる対象なので必ず抑えておきたいポイントですね。

 

また、「売掛先の信用度」をしっかり証明することや、3社間ファクタリングを利用すること、3社以上の業者に相見積りをとって一番安いところと契約することで手数料はグッと抑えることができます。

 

ファクタリング業者との信頼関係を築くことも手数料を抑えるポイントになりますので担当者の方とは誠実に向き合うことを心がけましょう!

 

ここまでファクタリングの手数料相場について参考になるポイントを解説していきましたが、いかかがでしたでしょうか。

 

自分の会社の事業規模にあった適正の手数料相場や手数料の安いファクタリング業者を見つけるのは難しいかもしれませんが、この記事を読んでくださった皆様の手数料に関する悩みが一つでも解決されることを願ってます。

 

また当サイトには、数あるファクタリング業者の中からあなたの事業規模にあった見積もりを複数社提示することができる「無料一括査定」サービスがありますのでもしご興味があれば、是非一度ご検討ください。

 

チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちらから