クレジットカードの審査を通す3つの方法!あなたも限度額100万円のカードを作れます

クレジットカードを申し込みたいけど審査に落ちてしまうのではないか?

 

 

支払いをまとめたいからできるだけ利用限度額の高いクレジットカードが欲しい

 

 

自分の収入では利用限度額の高いクレジットカードを作ることは難しいんじゃないか?

 

 

このような悩みを抱えている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

本記事ではクレジットカードの審査を通す3つの方法と限度額を100万円以上にするためのポイントを解説します。

 

 

コツさえ知っていれば、意外と簡単に限度額100万のクレジットカードを作ることができます。

 

 

限度額100万のクレジットカードを持てば限度額を気にしてどのカードで支払うか迷うことなく、思わぬ高額の出費にもストレスなく支払いを済ませることができます。

 

 

記事の通りに申請していただければ高い確率で審査が下りると思いますので、この機会に是非、限度額100万のクレジットカードを手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

クレジットカードの審査を通す3つの方法!

 

クレジットカードを申し込む際に、あることに注意して申し込みをすると審査が通りやすくなります。

 

 

結論から申しますと、あることとは申し込みをする前に「所得証明書」の用意と「保有しているクレジットカードの枚数」を確認して、実際に申し込みをするときは「キャッシング枠をなしもしくは少なくする」ということです。

 

 

どういうこと?と思った方もいらっしゃるかと思いますので詳しく説明していきます。

 

 

保有しているクレジットカードの枚数

 

 

クレジットカードを申し込む際に、既に何枚もカードを持っているのはあまり良い印象にはなりません。

 

 

カード会社側から「いくつもカードを持っているということは、この人は返済能力がないのか?」と判断され信用が損なわれてしまうことがあります。

 

 

カードを複数枚保有している状態で新たにクレジットカードを作りたい場合は、使っていないカードを解約して2~3枚程度にしておくのがおすすめです。

 

 

 

キャッシング枠をなしもしくは少なくする

 

 

キャッシング枠を利用する場合、「この人にお金を貸しても大丈夫か?」という判断をするために「所得証明書」が必要になるなど通常よりも審査の目が厳しくなります。

 

 

そのためショッピングで利用する以外は使わないという方はキャッシング枠0円で申請をするか、キャッシング利用枠を少なめに申請することで審査通過率を高めることができます。

 

 

 

所得証明書を用意しておく

 

 

基本的にクレジットカードの契約において所得証明書の提出を求められることはほとんどありません。

 

 

しかし、キャッシングの利用枠を上げたり上限枠を広げた場合などは、カード会社によっては提出を求められる可能性があるのであらかじめ用意しておくのがよいでしょう。

 

 

また給与明細や納税証明書(税額通知書)などが必要になることもあるので合わせて用意しておくことをおすすめします。

 

 

実は簡単?限度額100万円のクレジットカード

 

限度額100万円が簡単なワケ

 

 

100万円と聞くと額が大きいから審査が通りづらいのではないかと思ってしまう方もいるかもしれません。

 

 

しかし、実際には限度額が100万円のクレジットカードを作ることは全然難しいことではないのです。

 

 

特に、ショッピング枠であれば簡単に限度額を100万円に設定することができます。

 

 

審査する際に見られる一般的な信用力(年齢や職業などの個人情報など)がある方であれば、クレジットカードの申し込みが初めてでもショッピング枠を50万円〜100万円で決められるカード会社もあります。

 

 

 

限度額を100万円以上にする2つのポイント

 

では限度額を100万円以上にするにはどうすればよいのか?

2つのポイントを解説します。

 

支払い期限には遅れない

 

 

事前に決まっていた期限に支払いができないと言うことは「嘘をつく」という行為なので、当然ながら自分の信用は落ちてしまいます。

 

 

一度でも支払いが滞ってしまうと限度額の引き上げは難しくなってしまうので、支払日前日に引き落とし口座に支払えるほどの金額があるか確認するようにしましょう。

 

 

また、お金が足りないということがないように支払額が確定した段階で足りなければ口座に入金しておくのがよいでしょう。

 

 

 

固定費をクレジットカードで支払う

 

 

カード会社側から見れば、クレジットカードを保有している会員は顧客なのでどれだけ月に支払いがあるかということも大切になってきます。

 

 

そのため定期的な利用をしていることが限度額を上げる際の、重要な点でもあるので光熱費や交通費、携帯電話やインターネットの通信料など毎月支払いが発生するような固定費はクレジットカードで支払うことをおすすめします。

 

 

また最近は家賃をカード決済できる物件も多いので、こういった大きな額を定期的にクレジットカードで支払うことで限度額を上げることがより簡単になると同時に、ポイント還元など利用者としても嬉しい恩恵を受けられるメリットがあります。

 

 

 

利用限度額を引き上げる時の2つのコツ

 

 

続いて利用限度額を引き上げる時に抑えておきたい2つのコツを解説します。

 

理由の明確化

 

 

カード会社側からすると「限度額を引き上げるということはもっと利用してくれる」と思うので限度額の引き上げ自体には積極的に対応してくれようとします。

 

 

しかし、「買いたいものがあるけど限度額に引っかかってしまって買えない」などの理由に関してはあまり良い印象は持たれません。

 

 

「しっかりお金の管理ができてないから今後の返済に問題があるかもしれない。」と思われないためにも明確でできるだけポジティブな理由を持つことがよいでしょう。

 

 

キャッシングの場合においても「生活に困窮している」などの理由では審査に通るのは難しいので、支払い能力があることを証明できることを前提に使途を伝えることができればよいのではないでしょうか。

 

 

一気に多額の引き上げが難しくても10万円、20万円と段階的であれば審査も通りやすい傾向にあります。

 

 

 

利用歴を一年以上にする

 

 

クレジットカードの増枠申請は契約してから半年経たないと行うことができす、確実に利用枠を上げるにはカード利用歴が一年以上なくてはなりません。

 

 

半年経ったから増枠申請をしようとしても利用状況が一年未満であれば審査は通りにくいです。

 

 

逆にカード利用歴が一年以上ある方は、「一年間返済能力に問題がなかったから限度額を引き上げても問題ないだろう」とみなされて増枠申請は通りやすくなります。

 

 

ただ、この一年の間に支払いの滞りが発生してしまった場合は、審査が少し通りづらくなるので気をつけるようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

ここまでクレジットカードの審査を通す3つの方法と限度額を100万円以上にするコツを解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

 

最後にまとめると

 

 

クレジットカードの審査を通すには保有しているクレジットカードの枚数を少なくして申し込む際はキャッシング枠をなしもしくは少なくして、提出を求められる場合もあるのであらかじめ所得証明書を用意しておく。

 

 

限度額を100万円にするのは意外と簡単で、固定費をカード決済にして毎月遅れることなく確実に支払うことうこと100万円にすることができる。

 

 

その際のコツとしては引き上げの理由を明確化して最低でも利用歴を一年以上にすることで審査が通りやすくなる。

 

 

ということになります。

 

結局は、自分がクレジットカードを必要な理由が明確で支払い能力があるということがカード会社に伝われば基本的に審査は通りやすいです。

 

 

申し込む時点で審査が通るか通らないかはなんとなく自分でもわかると思うので、少しでも通りやすくするためにできることからやるのが良いのではないでしょうか。

 

 

事業をやられている方の場合、急に現金が必要になってしまった時、クレジットカードのキャッシング枠から…なんてふと頭よぎってしまうことがもしかしたらあるかもしれません。

 

 

そういった時の急な資金調達はファクタリングをおすすめいたします。

 

 

ファクタリングは専門の業者に売掛債権を売却して現金化するというものですが、用途も一時的なつなぎ資金として利用する方がほとんどなので「売掛債権」があればすぐに利用することができる資金調達方法です。

 

 

当サイトの「無料一括査定」では時間をかけず僅か30秒ほどで簡単に複数社の見積もりを一括で出し、比較することができるので、急な資金調達にも最良の条件で行うことができます。

 

 

もしご利用する機会があれば、是非一度ご検討ください。

 

 

チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちらから