ギリギリの資金繰り!
支払いの優先順位 & 即日できる現金化!

昨今、資金繰りが厳しく倒産を余儀なくされる会社が非常に増えています。

 

慢性的な資金不足が続き、手元にある預金よりも多い金額の支払いが必要になってしまった場合、

 

銀行など金融機関からの融資を受ける時間はないが、早急に現金を調達しなければならなくなってしまった場合、

 

一体どうすれば良いのでしょうか。

 

今回は資金繰りがギリギリになってしまった時の「支払う順番」とすぐにできる資金調達方法について解説していきます。

 

いざという時のために、危機的な状況への対処方法がわかるようになるかと思いますので、是非最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

 

支払いに優先順位をつける

 

支払いの優先順位は以下の通りになります。

 

支払手形の期日支払い

 

手形を利用して支払いをしている場合は、こちらを最優先で支払う必要があります。

 

支払期日に手形を落とすことができないと「不渡り」になり、これを半年の間に2回出してしまうと銀行から取引停止処分を受けてしまいます。

 

そのような事を避けるためにも支払期日に資金不足が見込まれるのであれば、まず先に手形の支払期日延期依頼をすることを行うのが良いのではないでしょうか。

 

支払先には「いつまでに現金が用意できるか」などを伝えると同時に、資金繰りに関する資料を準備し誠意をもった対応をすることが大切です。

 

 

社員への給料

 

いくら資金繰りが厳しいとしても、社員への給料は絶対に支払わなければなりません。

 

雇用している社員ひとりひとりにも生活があるので、給料の遅配・未払いが発生してしまえば当然仕事どころではなくなります。

 

不安や不満を招くだけではなく、社員の離職にも繋がりかねません。

 

そうなってしまえば会社全体の生産性が落ち、余計に資金繰りが悪化してしまう可能性が大いにあります。

 

穴埋めで人を雇おうにも求人に掛かるコスト、雇ってから仕事をこなしてもらうまでの時間なども考えると今いる社員に不満なく業務にあたってもらうのが一番です。

 

また、給料の遅配・未払いは労働基準法違反になり、雇用 調整助成金などの受給要件からも外れるので給料の支払いの優先度は高いです。

 

 

仕入代金(買掛金)の支払い

 

仕入代金の支払いも優先度が高い項目になります。

 

取引先への支払いが滞ってしまうと信用を失い、今後の取引が見直しされてしまう事が考えられます。

 

取引縮小で済めばまだ良いのですが、完全に取引がなくなってしまえば会社の経営にも関わってきます。

 

そのような事態に陥らないためにも、仕入れ先へ支払う代金は優先的に確保しましょう。

 

どうしても期日に支払いが難しい場合は、支払いが可能になる日を伝えて支払猶予をもらえるように誠意をもった対応をしましょう。

 

 

家賃・水道光熱費・保険料などの支払経費

 


毎月、固定で発生する店舗・事業所の家賃や水道光熱費など経費は、「支払手形」「社員への給料」「仕入代金」よりも、支払いを後回しにすることが可能です。

 

以下の点を確認しましょう。


家賃は、貸主に支払期限の延長や分割納付などを依頼します。

 

電気・ガス・水道、電話の料金は、各事業者が支払期限を延長する特別措置を設けている場合があります。

 

生命保険や損害保険の保険料は、生損保各社が支払いを一定期間猶予する特別措置を設けている場合があります。

 

 

 

税金・社会保険料

 

企業が支払う税金や社会保険料については、納付を猶予する特例措置が設けられます。

 

令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少した場合が対象になり、担保が不要で延滞税も免除されます。

 

支払いが猶予されるのは、消費税や法人税などほぼすべての税金と年金や健康保険などの社会保険料です。

 

また、中小企業向けに固定資産税の減免措置が設けられ、売上高の減少割合に応じて全額免除又は半額に軽減されます。

 

売上の減少基準に満たない場合でも、短期間の滞納であれば経営に影響はありません。

 

事業税などの地方税についても減免や猶予の制度がありますので、各自治体に確認しましょう。

 

 

 

借入金の利息や元本返済

 

業績悪化などで資金繰りが困難になってしまった場合、次回以降の借入ができなくなるという考えを持つ事業者は金融機関への返済を優先してしまいます。

 

しかし、リスケ交渉をする事で返済を一定期間猶予してもらうことが可能なので金融機関への返済は優先度を低めにすることができます。

 

経営の立て直しとして銀行などにリスケ交渉をするのは一般的な方法となっているので、資金繰りが厳しくなってしまった場合まず金融機関へ連絡するようにしましょう。

 

 

即日可能な資金調達方法

 

当面の必要資金を計算し、不足分はすぐに現金化できるものを集める必要があります。


本項目では最短即日で現金化できる資金調達方法をご紹介します。

 

 

定期預金・積金を取り崩す

 

普通預金・当座預金などに残高がなければ、 最も現金化が早いのは、定期預金や定期積金の取り崩しです。

 

経営者の個人資金を貸し出す

 

経営者個人の蓄えがある場合、緊急時対応 として、家族の理解を得ながら会社に貸し出します。

 

共済や生損保の貸付制度を利用する

 

小規模企業共済や経営セーフティ共済(倒産防止共済)に加入していれば、まずは、各共済制度の契約者貸付を利用します。

 

小規模企業共済(一般貸付)の場合、商工 中金の窓口での借入手続きでは、午後2時までに手続きすれば即日に借入れができます。

 

生命保険や損害保険の契約者貸付の利用方 法や貸付限度額も確認しておきます。

 

カード・ローンを利用する

 

クレジットカードのローンは、金利は高めですがすぐに現金化できるため、どうしても資金が足りなければ借入れて、急場を乗り切ることも検討します。

 

ファクタリングを利用する

 

ファクタリングとは、企業から売掛債権を買い取り、売掛債権の管理や回収を行う金融サービスのことを言います。

 

売掛債権の早期現金化が可能となる比較的新しい資金調達方法です。

 

 

おすすめの資金調達は?

 

ファクタリング

 

金融機関からの借入とは違い、赤字や負債が返済できない状況でも基本的に売掛債権があれば現金化することが可能です。

融資では無いため審査が通りやすく、最短即日で現金化することが可能なので資金繰りが厳しい事業者からの利用が急増していて、おすすめの資金調達方法になります。

 

ファクタリング利用者の声

 

 

朝から動いて本当に即日中に振込をしていただけました。

急いでいる旨を理解して迅速な対応をしてくれたスタッフには感謝しています。

融資よりもコストパフォーマンスは悪いですが、税金対策で強引に赤字にしている身分なので納得できるサービスでした。(29歳 板金工場)

 

出典 https://www.carinavi.org/company/factorplan.php

 

 

 

営業マンの対応とサービスが良かった 
とにかくすぐに資金が必要だったのでファクタリング業界で一番入金が早いという噂のワイズさんに連絡してみました。請求先に知られたくないので2社間ファクタリングを依頼したところ、手数料は10%でした。約1か月の資金繰りでこれはちょっと高いと感じましたが支払いを飛ばすよりはマシなので仕方ないですね。その他、営業マンの対応とか分かりやすい説明等サービス面には全く問題ありませんでした。 (40歳 貿易)

 

参照:https://factoring-world.com/factoring-company/factorplan-yscorporation/

 

 

 

まとめ

 

資金繰りがギリギリになってしまった場合は

 

 

支払手形の期日支払い

 

従業員の給料

 

仕入代金(買掛金)の支払い

 

家賃・水道光熱費・保険料などの支払経費

 

税金・社会保険料

 

借入金の利息や元本返済

 

 

の順番で支払いをする。

 

どうしても資金が足りない場合は、即日現金化することが可能なファクタリングをするのが有効。

 

ということになります。

 

近年、利用者が多くなっていて認知度も増えてきたファクタリングですが、今後さらに利用者が増える事が予想されます。


利用者が増えすぎて飽和してしまえば、低手数料で即日現金化する事ができなくなってうことも考えられます。


ですので、利用者が多すぎない今が利用するのにも一番良いタイミングなのではないかと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

 

これまで資金繰りが困難な場合の支払い優先順位と即日可能な資金調達方法について解説してきました。


支払いの優先順位に悩んでいた方の参考になれば幸いです

 

また、もしファクタリングに興味を持ち検討したいと思っていただけた方には、当サイトの「無料一括査定」を使っていただくことをおすすめします。

 

時間をかけず僅か30秒ほどで複数社の見積もりを一括で比較することが出来るのでとても便利です。

 

この記事を読んでくださった皆様が良いファクタリング業者と巡り合えることを願ってます。

 

チョウタツ王の「売掛金の無料一括査定」はこちらから