社長は個人情報黒光り!?の巻

自分の会社の中に原因がないような事(取引先の突然の倒産など)でドミノ倒しのような形で資金ショートを起こしてしまうというケースも最近よく聞かれるようになりました。このような状況になってしまうと、会社としての信用はもちろんのこと、代表である社長さん個人の信用情報も一気に悪化してしまうケースもあります。

ビジネスローンなどに申し込んでも借りられないという事態が起こります。

今回のストーリーに出てくる社長さんはもともと自己破産歴があり、個人信用情報もボロボロでビジネスローンなどの選択肢がありません。しかし、ファクタリングであればこのような状況は一切関係ありません。

登場人物紹介

  • S社長

    S社長

    東京都内で建設会社を営む2代目社長。
  • 社員A

    社員A

    S社長の下で働く
  • 社員B

    社員B

    S社長の下で働く
  • チョウタツ王

    チョウタツ王

    中小企業経営者を支援する資金調達界の救世主。
    ファクタリングを世に広めるため日々活動中。
  • ヒロコ

    ヒロコ

    チョウタツ王のもとで助手として働く。
    ファクタリングについて日夜研究中。



  • 社員A
    社長、いいニュースと悪いニュースがありますが、どちらからお聞きになりますか?
  • S社長
    良いニュースから頼む
  • 社員A
    会社の電話回線はまだ繋がったままでした!
    電話代金もう2ヶ月くらい払ってませんが、なんとかギリギリ繋がっているようです。
  • S社長
    それで悪いニュースは何だ
  • 社員A
    取引先のA社さんですが、今月で取引を打ち切りたいとのことでした。
    あともう一つ外注さんでお願いしていたデザイナーさんから「いい加減に業務委託報酬を払ってほしい」
    「払ってもらえないのであれば今すぐに契約を打ち切って裁判を起こす」とのことでした。
  • S社長
    良いニュースがかすむくらいの悪いニュースだな。
  • 社員B
    社長、大変です!
  • S社長
    今度は何だ
  • 社員B
    会社で入金をあてにしていたC社さんですが、先ほどから相手先の事務所の電話と社長の携帯がつながりません!どうもいきなり倒産した可能性があります!
    あと、コピー機のリース会社さんから利用料を払わないとコピー機を撤収すると連絡がありました。
  • S社長
    笑っちゃうくらい最悪じゃねーか
笑っちゃうくらい最悪じゃねーか
  • S社長
    うーん、どうしたものか。
    とにかく今一番の問題はデザイナーさんの支払いやコピー機の支払いだ。
    電話はまだ何日か通じるとして、なんとかしないと会社自体が存続しないぞ。
  • 社員A社員B
    そろそろ転職考えなきゃな(笑)
  • S社長
    っていうかお前らも飯食えなくなるぞ。
  • 社員A社員B
    ヒィッ
  • 社員A
    社長、会社の融資を受ける方法はないんですか?
  • S社長
    あるわけないだろう。こんな業績の状態で金を貸してくれる金融機関なんてないんだよ。
    俺だってそりゃもう、色々な所に連絡を入れて審査を申し込んでみたんだが全部ダメだった。
  • 社員B
    社長それではサラ金という方法はどうでしょう?
  • S社長
    それもダメだ。俺の個人信用情報がブラックすぎて個人信用貸しという方法でもサラ金でお金を貸してもらうことは難しい。
    っていうか実はもうすでに試していてな、大手消費者金融は丁寧に断られてしまったが隣町のちょっと怪しそうな地域密着型の消費者金融にも昨日電話入れてみたんだ。
  • 社員A
    それで、なんと?
  • S社長
    個人信用情報が黒光りしてるんでもう無理ですと鼻で笑われた。
  • 社員A
    そうなってくると、もう完全に手詰まりじゃないですか!
貸付は信用情報が悪いとNG!
  • 社員B
    どうしましょう、明日からの営業はまあ仕方ないとしても俺らの給料も危ないんですよね・・・
  • S社長
    いや待て。みんな、まだ打開策があるんだ。
    いつもお世話になっているあの会社さんに、本来であれば2ヶ月先の入金を何とか今日中に入金してもらえるように頼んでみるという方法がある。
  • 社員A
    おお・・・!あの頑固一徹社長のところですね!大丈夫ですか?
  • S社長
    まあ、ちょっと待ってろ。みんな、こういう時に俺がいるんだよ!俺様が今電話して、ガツンと一発、すぐにでも振り込んでくれるように連絡してみるさ!

~1分後~


  • S社長
    全然ダメだった。
    なんだったらガツンと言われた。
  • 社員A社員B
    秒で終了じゃねーか
  • S社長
    本当にどうしよう
  • 社員A
    社長、それじゃあ金融関係の資金調達にめっぽう強い女の子を一人呼びましょう。
    高校の同級生で一人、よくわからない王様に仕えている資金調達のスペシャリストがいるんです。
  • S社長
    ちょっと何言ってるかわかんないけど、とりあえずお呼びしろ
ヒロコちゃん
  • ヒロコ
    いきなり同級生に呼ばれたけどこの会社、どうしちゃったの?
    まるでサークルの部室じゃない!
  • 社員A
    いやいや、会社の什器も全部売り払ってしまったんで、こんな感じなんです。お恥ずかしい・・・今日は来てくれてありがとう。
  • ヒロコ
    それで?会社の資金調達がやばいんだって?あなたが社長さんですね。
  • S社長
    そうなんです。会社の資金調達が全然うまくいかなくて、個人としての借り入れもできない状況で、さらに取引先からも取引の停止だったりコピー機の撤収など言われている状況で・・・
    もうどうしようもないんです。
  • ヒロコ
    そうね。その状況だと会社の信用でも、社長さん個人の信用でもお金を貸してくれる金融機関はないでしょうね。
    消費者金融だって個人信用情報に傷がついていれば、当然リスクがあるからお金を貸そうという判断にはならないわ。
  • S社長
    それじゃあどうしましょう。
  • S社長
    うちの会社はもうおしまいなんでしょうか・・・
  • ヒロコ
    うーん。何かいい考えはあるはずなんだけど・・・
    そういえば2~3ヶ月先でもいいんだけど、何か売掛金が入ってくる予定とかはないのかしら?
    それを元に、少し待ってもらえるように交渉するという方法もあるわね。
  • S社長
    もちろんあります。大体2ヶ月後ぐらいになってしまいますが、お世話になっている会社さんからの大きな入金があるんです。
    でも、2ヶ月も先だとそれまで会社の現金が持たないので意味がないんです・・・。

    会社を倒産させる時の費用にでもしましょうかね・・・ははは
  • ヒロコ
    社員の前でそんな弱気になってどうするの!
    その入金って金額は結構大きいのかしら?
  • S社長
    はい、かなり大きいです。納品までに半年くらいかかったプロジェクトなので。
    少なくとも今の状況を全部打開して、お釣りがくるくらいの金額にはなっています。
    でも2ヶ月後なんで、それまでもたないから・・・やっぱり倒産の時の費用にするしか・・・!
  • ヒロコ
    分かったから。とりあえずそれだけあれば、ひとつ状況を打開する方法があるわよ。
  • チョウタツ王
    ファクタリングじゃな
  • 社員A
    ・・・!あなたはチョウタツ王!社長、あの有名なチョウタツ王ですよ!
チョウタツ王
  • S社長
    なんだこのおっさん
  • チョウタツ王
    失敬な!わしはチョウタツ王。資金調達の方法を様々な悩みを持つ経営者に伝授して回っている王様であるぞ。
    そしてヒロコはわしの弟子なのじゃ。
  • S社長
    おお、これはこれはチョウタツ王様、アドバイスをいただきましてありがとうございます。
    先ほどはうちの社員どもがちんちくりんだの、王冠のサイズ合ってないだの、色々言ってすみませんでした。
  • チョウタツ王
    (おぬし、そんなふうに思っていたのか)
  • 社員A
    (社長、そういうとこですよ)
  • S社長
    ・・・とにかくチョウタツ王、これで会社の状況を打破することは可能ですよね?
  • チョウタツ王
    ああ、もちろん可能じゃ。
    ファクタリングという方法を使うことができるのでな。
    ファクタリングとは借り入れとは全く違う資金調達の方法で、数ヶ月後に入ってくる予定の売掛代金をそのまま他の会社に買い取ってもらうという方法じゃ。
    言ってみれば取引先から2ヶ月後に200万円の入金があるとするじゃろ?
    その時に2ヶ月も待てないという時は、ファクタリングを利用するんじゃ。
    ファクタリング会社の方で審査が通れば高くても10%から20%程度の手数料でその売上金を買い取ってもらうことができる。
    つまり20%という手数料だとしても、160万円はまるまる手元に入ってくるというわけじゃ。
    しかも金融機関の融資とは違って入金はめちゃめちゃ早い。イメージ的には銀行融資がレストランのフルコースなら、ファクタリングはその辺の牛丼より早い。
    金融機関の融資だと審査がトントン拍子に進んだとしても実際にお金が入ってくるまで1ヶ月程度の時間がかかることもよくあるが、ファクタリング会社を利用した場合はどんなに長くても一週間程度もあれば資金は手元に入ってくる。早ければ即日じゃ。
銀行融資がレストランのフルコースなら、ファクタリングはその辺の牛丼より早い
  • S社長
    すごい!そんな方法があるんですね・・・!
    でも、先ほど審査とおっしゃっていましたよね?
    ファクタリングの審査もやはり厳しいんでしょうね・・・会社の経営状況はもちろんのこと私の個人信用情報もボロボロで黒光りしているとバカにされたレベルなので、ファクタリングの審査にも通過できないのではないでしょうか?

    やはり会社を畳んでその時の費用として2ヶ月後の入金をおとなしく使った方が・・・
  • チョウタツ王
    (こいつ意外としつこいな、いつもこんな感じなのか)
  • 社員B
    (いや、お金に困るとこんな感じになるみたいです)
  • 社員A
    (初めて見ました)
  • チョウタツ王
    (そうか・・・まあ、こやつも社長としていろいろ人に言えない悩みもあったりしてちょっと精神的にダメージが大きいのだろう)

    オホン。いいか社長、よく聞くのじゃ。ファクタリングの審査というのはな、お前さんの会社やお前さん自身が審査にかけられるわけではないのじゃ。
    どちらかと言うと審査にかけられるのは売掛金を持っている会社さんの方じゃ。
    売掛金を持っている会社さんがきちんとした会社であるかどうか、そして今までにちゃんと入金してくれた取引の明細があるかどうか、そして今回申し込みをする売掛債権がきちんとした売掛金かどうかの証明ができれば、お前さんの個人信用情報はぶっちゃけどうでもいい。
  • S社長
    本当ですか!?それなら大いに助かります!
    実は私過去に自己破産歴があって1回個人信用情報がリセットされて、またこのザマなんですけど、それでも大丈夫ですかね?
  • 社員A社員B
    おいマジか
  • チョウタツ王
    まあまあそういうこともあるじゃろうて。
    社長よ、その点も特に気にするでない。個人信用情報がぶっちゃけどうでもよいということは、お前さんが過去に自己破産をしていたとしても全く問題ないのじゃ。
    自己破産経験者だろうが変態だろうが、足が臭かろうが、実は友達がいなくて夜のお店のお姉ちゃんからしかLINEが来なかろうが、今の経営状態がうまくいってなかろうが、きちんとした売掛債権さえあればファクタリングで資金調達は可能なのじゃ。
  • 社員A
    すごい、社長の悪いところ全部入ってた
  • S社長
    なんかすごくディスられた気がするけど、とにかくこうしてはいられない!
    今すぐにファクタリングに申し込もう!
    チョウタツ王、何がファクタリングには必要なのか教えてください!
  • チョウタツ王
    人の話聞いてた?
  • ヒロコ
    まあまあ、チョウタツ王。社長さんも色々大変だったんですよ!社長さん、今からもう一度言いますから、必要なものを用意してくださいね。
    ファクタリングに一般的に必要なものは売掛債権を証明できる請求書など、さらに今までにその売掛先からきちんと入金や取引があったことを証明できる書類一式、そして入金先の会社口座の情報になるわ。
ファクタリングで必要な書類
  • S社長
    会社の決算書とかは要りませんか?
  • ヒロコ
    いらないわ。
  • S社長
    お見合い写真とかもいりませんか?結構用意してあるんですけど・・・
  • チョウタツ王
    実は結構余裕あるだろ
  • ヒロコ
    とにかくこれらの書類があれば、今すぐにでもファクタリングは可能よ!
    まずは申し込みをしていくらで売掛債権を買い取ってもらえるか問い合わせをしてみましょう!
  • S社長
    ありがとうございました!
    これでなんとか会社も立ち直っていけそうです!
    いろいろ社員にバカにされた気もしますが、これからは資金ショートを起こさないように社長として頑張っていきます!



今回のまとめ

突然の資金ショート、信用情報に難ありの場合はファクタリングで乗り切る

このように会社の経営状況が急激に悪化するということは、ビジネスをしているとよくあることです。

特に自分の会社の中に原因がないような、取引先の突然の倒産などによりあてにしていた入金がなくなってしまい、これが原因でドミノ倒しのような形で資金ショートを起こしてしまうというケースも最近よく聞かれるようになりました。

このような状況になってしまうと、会社としての信用はもちろんのこと、代表である社長さん個人の信用情報も一気に悪化してしまうケースもあります。

また経営者の方の中には意外と、個人信用情報に問題があるために自営業という選択肢を選んでいるという方もいらっしゃいます。個人事業主などの自営業だと、日銭という形で日々生活する資金を得ることができるケースもあるからです。

このような場合には信用情報を使って融資を受けるという選択肢はほとんど期待できません。早々に選択肢のリストの中から削除しておいた方が良いでしょう。

それよりも別の方法で資金調達の道を考えるべきです。

そしてその中で一番おすすめの資金調達の方法が、ファクタリングです。

ファクタリングとは既に相手方の会社に請求書を発行しているものの、支払いサイクルの期日が到来していないために支払われていない、いわゆる「支払い待ちの金額」をファクタリング会社に依頼することにより「手数料を差し引いて先に払ってもらう」ことができるという方法です。

この方法を使うと本来であれば2ヶ月先でなければ手に入れることができなかった金額を、早ければ最短即日で手に入れることが可能となっています。

この方法を使うことにより、今までお金の事で悩んでいたのがまるで嘘のようにまた新しくビジネスに邁進していくことができるというわけです。

精神的な負担を抱えていると、どうしてもビジネスに邁進することはできません。

資金繰りのことを考えていては新たなビジネスのアイデアも湧いてきません。

それであればファクタリングで、まずは目の前の資金的な問題を全て解消し、その上で仕事に邁進して行った方が全体としても前を向いて進めるようになります。

今回のストーリーに出てきた社長さんはもともと自己破産歴があり、個人信用情報もボロボロ。

会社としての業績も悪化の一途を辿っている関係上、会社としての融資を受けることはまずできませんでした。

もちろんビジネスローンなどの選択肢も社長さん個人の信用情報が著しく悪化しているため、実現には至りません。

また実際にビジネスローンなどに社長さん個人の名前で申し込みを行うと、その申し込みを行った事実そのものが個人信用情報にマイナス情報として記録されることがあります。

というのもビジネスローンや消費者金融に申し込みを行うと、申し込みをしたという事実が個人信用情報機関に記録されます。

この審査に複数の会社で落ちてしまうと「他の会社がここまで落とすのだから、うちも審査するまでもなく落としてしまおう」ということで自動的に審査落ちになることがあります。

これが申し込みブラックという状況です。申し込みブラックになると原則的には半年ほど申し込みブラックの状況が続きますので、この期間にいくら申し込みをしても結果は変わらないというケースがほとんどです。

この状況になってしまうと、ほとんどどこの会社でも融資を受けることはできなくなります。

しかしファクタリングであればこのような状況は一切関係ありません。

個人信用情報機関に問い合わせがそもそも入りませんので、個人信用情報がブラックでも安心して申し込むことができるのがファクタリングです。

ファクタリングが借り入れではなく売掛債権の売却という商取引であることにも注目しておくとよいでしょう。

そもそもお金を借りるのではなく商取引をして正当にその報酬を得ると言った方が正しいのです。

もちろんこの方法は世界的にも広く使われている方法で安全性も高く、近年では日本の官公庁でも推奨されている方法となります。

また最近はファクタリング会社も日本国内で大変多くなってきており、会社によってはファクタリングの手数料に差が発生することがあります。

この差の部分をないがしろにしてしまうと、一番良い条件でファクタリングをしてくれる会社と比べて数十万円単位で損をしてしまうこともあるでしょう。

ファクタリングを行う際にはきちんとした会社に申し込みをするのはもちろんのこと、情報収集を行い「より社長さんご自身のビジネスと相性の良いファクタリング会社」に申し込みをするのが重要です。

そのためにはファクタリング会社が多数加盟しているファクタリングの一括査定サイトなどを利用するのが良いでしょう。