若手社長の受難~社会保険料を未納をファクタリングで乗り切った事例~

若手社長の受難~社会保険料を未納をファクタリングで乗り切った事例~


若手の社長です。めちゃくちゃ若いです。自分はまだ20代ですが、今まで自分で入っていた現場の社長さんに気に入られて後輩を集めて建設業として独立したんです。

最初のうちはかわいがってくれる会社の社長さんとか、元請けの担当の方から領収書の書き方一つも教えてもらって色々やっていたんですけど、ここ何年かの間でいろいろと建設業関係の法律が変わってきたらしくて、最近は社会保険を全員加入させなければならないということがわかりました。

そもそも社会保険ってなんだろうっていうレベルでわからなかったのですが、話を聞いてみるとちゃんと入らないと処分を受けることがあるということも分かりました。というより社会保険に加入していないと現場に入ることができないらしくて、大手ゼネコンさんの案件とかはやっぱり社会保険加入が必須でした。

仕方ないので自分の会社も法人化して社会保険を全員加入させました。そこまではよかったんです。社会保険もバッチリ入ってるし、何より保険証が自分の会社の名前入りでめちゃめちゃかっこよかったからです。従業員の評判もすごくよくて、現場に入って休憩の時に社会保険証持ってるよみたいな話になることもあったそうです。

自分も社長としてなんとか形になってきたんじゃないかなと思って、ちょっと誇らしかったのも覚えてます。そうなんですけど、よくよく考えたら建設業って社会保険料がめちゃめちゃ高くて、しかも社会保険が強制加入になる前の単価で他の会社さんと契約していた兼ね合いで、どうしても社会保険料込みの単価交渉をする勇気がありませんでした。

仕事すればするだけ赤字みたいな状態になってしまいました。

この案件さえ耐えれば、次の現場ではある程度単価のいい仕事を振ってもらえると言う予想もあったんですが、社会保険料の支払いは全然待ってもらえそうにありませんでした。30回ぐらい電話して、なんとか待ってくれという話をしていたんですが、遅れが何ヶ月にもなってくるとやっぱりそれも難しくて銀行口座を差し押さえるという警告までされてしまいました。

会社の銀行口座を差し押さえられるとなると従業員に給料を払っている事も出来ませんし、もちろん自分自身も食って行くことができなくなります。これはまずいので何かお金を借りる方法がないかと思い、色々と先輩とかに話を聞いてみました。先輩に話を聞いてみたのですが、やっぱり貸してくれる感じではなく、銀行も会社を立ち上げたばっかりだし、自分もあまり「風体」が良くないので相手にしてもらえない感じでした。こんなところで立ち上げたばっかりの会社を潰すわけにもいかないと思っていたところ、スマホで何かのホームページを見ていた時にファクタリングというものがあるという広告を見ました。

どうせ詐欺的な何かだろうと思っていたんですが、次の日現場で知り合いの社長さんに話を聞いてみたらファクタリングを利用しているということを聞きました。

話をよく聞いてみると翌々月末の入金の請求書とかがあれば、それを即日でも買い取って90%くらいで現金化してもらえるということでした。めちゃめちゃ半信半疑だったんですけど、どうせだったら少しでも手数料の色合いがいいところにしようと思って、ファクタリングの一括査定サービスを使ってみました。

前に中古車の販売査定サービスを使ったことがあって、それと同じものがファクタリングにもあるんじゃないだろうかと思って見たらあった感じですね。

そして実際にファクタリングの会社を決めて申し込んでみたら、最初はちょっと怖そうな感じの人が電話に出るかと思いきやとても丁寧で、自分のような敬語ができない人でもちゃんと話をしてくれました。

会社の法人の設立から時間が経っていないことを伝えても問題ありませんよ!と返してくれて、わからないことだらけだったのに丁寧に色々と教えてくれました。

そして請求書を送って契約書にサインをしてFAXを送ったら、2時間くらいで口座に入金が完了したから確認してくれという電話がありました。まさかと思って会社の近くにあるATMに行ってみたら普通に入金されていて、その瞬間からまた自分は仕事を頑張ろうと思うと同時に、全てのものに感謝しました。

文章を作るのがあまりうまくなくてすいません。でもファクタリングは本当に自分のような駆け出しの建設業の社長にはなくてはならない存在だと思います。そしてファクタリングの会社はかなり多いので、申し込みは一括査定を使った方が絶対いいと思いました。