新規事業に乗り出した皆川社長を襲った悲劇!貿易船の足止めで資金ショート!?

日本国内には現在多くのファクタリング会社があり、それぞれのファクタリング会社の強みに合わせてファクタリング先を選ぶことによってより色良い結果を得ることができるようになっています。

ただしそんな日本国内のファクタリング事情にもかかわらず、そしてどんなにそれが良い売掛債権であるにも関わらずファクタリングを受け付けてもらえないケースが存在します。

登場人物紹介

  • チョウタツ王

    チョウタツ王

    中小企業経営者を支援する資金調達界の救世主。
    ファクタリングを世に広めるため日々活動中。
  • ヒロコ

    ヒロコ

    チョウタツ王のもとで助手として働く。
    ファクタリングについて日夜研究中。
  • 皆川社長

    皆川社長

    東京都内で建設会社を営む2代目社長。
    仕事にかける情熱と社員を大切に想う心は人一倍だが…。



~皆川社長のオフィスにて~

皆川社長のオフィス
  • 皆川社長
    やっぱり時代はグローバルだね!
  • ヒロコ
    いきなりどうしたんですか皆川社長、社長の会社は国内のビジネスしかやっていませんでしたよね?
    あと間宮先輩から聞きましたけど、先輩の学生時代、英語の成績1でしたよね?
  • 皆川社長
    (げっ、間宮先輩、そんなことまでバラしていたのか)
    ヒロコちゃん、僕はもう学生時代とは違うよ。これからの時代はグローバルに貿易ビジネスに手を出す時代だ!
  • ヒロコ
    すごい!何か新しい事業を始められたんですか?♪
  • 皆川社長
    わかる?
  • ヒロコ
    (自分で言ってたじゃない)
  • 皆川社長
    そうなんだよ。実はね、新しいビジネスとして貿易業を始めたんだ。
海外や貿易
  • 皆川社長
    最近は海外から物を輸入したり、反対に日本国内から海外に物を輸出したりすることで利益を上げられるように新しいビジネスに集中しているよ。
    もちろん本業の会社の方もやらなければならないから、会社の海外事業部ということで新しく立ち上げたんだ。もちろん事業部のメンバーは僕ひとり。
  • ヒロコ
    英語できないのに大丈夫なんですか?
  • 皆川社長
    その辺りは問題ないね。最近はGoogle翻訳があるからね!
  • ヒロコ
    危険な匂いしかしませんね。
  • 皆川社長
    とにかく今実際にもう船が出ているんだ。
    ちゃんと勉強したから信用状取引だってバッチリさ。これで一発儲けて、他の社長よりもかっこいい車を買うからさ、ヒロコちゃん、一緒にドライブとか行こうよ!
車と皆川社長
  • ヒロコ
    それはなんとなくいいですね♪

-♪ピロロロロロロロロ・・・・-


  • 皆川社長
    おっと失礼、海外の取引先から電話だ!

ピッ


  • 皆川社長
    ハロー?いつもお世話になっております!
  • ヒロコ
    (なんだ、相手日本語を話せるんじゃない)
  • 皆川社長
    え?そんな事ってあるんですか?もう完全にビジネスが成立しないということですか?
    え?確かに金額はめちゃくちゃ良い取引でしたが、そんなにリスクが高い取引だとは知りませんでした。そこの国ってそんなに危ない地域なんですか?
    え? 危ないから手を出さない、手を出さないからリスクが高いけどお金も高い、ですか?
    そんな早く言ってくださいよ!今荷物はどうなっているんですか?
    あの国の税関で足止めを食らっている?
    そうですかわかりました。こちらの方では支払いは何とかします。

ピッ


車と皆川社長
  • 皆川社長
    大変だ、今の状態だと荷物が港で足止めを食っていて取引が成立していないみたいなんだ。

    このままだとお金も入ってこなくなってしまう!

    日本の話じゃないから色々と文化の違いとかコミュニケーションの違いもあって、取引自体がうまくいってなかったみたいだ。こちらにはうまくいっているという報告しか入っていなかったのに・・・どうしよう。

    月末には社会保険の支払いもあるし従業員の支払いだって・・・!
  • ヒロコ
    しかも話を聞いていたらめちゃくちゃリスキーな取引だったっていうことじゃないですか。
  • 皆川社長
    だってそれはあの間宮社長をギャフンと言わせようと思って、かなり条件の良い所から手を出したからね!
  • ヒロコ
    リスクがあると気づかなかったんですか?
  • 皆川社長
    確かに他の業者が誰も手を上げていなかった案件だったけど、そんなこともあるのではないかと思って普通に申し込んじゃったんだ。
  • ヒロコ
    仕方ないですね。でも何回かのビジネスはうまくいっているんですよね?
  • 皆川社長
    それはもちろんだよ。最初の取引と2回目の取引はうまくいっている。きちんと請求書だって上がっているし、信用状もある。
  • ヒロコ
    それなら皆川社長、いつもの手でファクタリングを使いましょう。
    チョウタツ王がいなくても、このくらいなら私の方でもお手伝いできますっ。
  • 皆川社長
    ヒロコちゃん、ありがとう!

    ファクタリングということは今、海外の貿易取引ですでに請求が確定している金額をファクタリング会社に買い取ってもらって、その場で現金化するという方法のことだよね?
  • ヒロコ
    その通りです!
  • 皆川社長
    できれば手数料が少なく済むから三社間ファクタリングでもいいんだけど、この場合取引先が外国になると三社間ファクタリングって応じてもらえるのかな?
  • ヒロコ
    私も海外の会社さんが絡むファクタリングの事例は初めてなんでよくわからないですけど、多分大丈夫じゃないですか?

    心配することないですよ!とにかくいつもの通りファクタリングでサクッとし金を現金化して、安心してご飯でも食べに行きましょう♪

~3時間後~


  • 皆川社長
    どうしよう、どこのファクタリング会社も全然取り合ってくれない。
  • ヒロコ
    何ででしょうね・・・私もこんなこと初めてです。
  • チョウタツ王
    それはな皆川社長、そもそも日本国内のファクタリング会社が対応できるような案件ではないからじゃ。
チョウタツ王
  • 皆川社長
    チョウタツ王!いらしてたんですね!
  • チョウタツ王
    ああ、ヒロコの戻りが遅かったんでな、たぶんいつものように皆川社長が何か資金トラブルを起こしたのであろうと思って先回りして来たのじゃ。
  • ヒロコ
    なんとなく悔しい気もするけど、とにかく困っているんです。
  • チョウタツ王
    そうじゃろうな。特に海外が絡むファクタリングの場合はそもそも言葉も違えば文化も風習も違う。これらが違うということは当然ながら日本の商習慣のルールは使えないというわけじゃ。
  • 皆川社長
    なるほど、それだと確かにファクタリングが通らないのもなんとなくわかってきました。
  • チョウタツ王
    そうじゃろう。ファクタリング会社もやはり買い取った売掛債権は確実に入金されなければならないからのう。それなりに売掛先の与信や調査も行うものなのじゃが、相手が海外となると話は別になってくるものじゃ。

    このような事情が原因となって、なかなか日本国内のファクタリング会社で国際取引が絡む貿易関係の売掛債権を買い取るという会社はないのが現状じゃ。

    日本国内の会社との取引で発生する売掛債権であれば全く問題なく買い取るというファクタリング会社でも、この辺りについては苦手分野ということじゃな。
  • 皆川社長
    そんな・・・じゃあもう方法はないんですか?
  • チョウタツ王
    そんなことはないぞい。貿易関係のビジネスに関わる売掛債権はそれ専門のファクタリング会社が存在するのじゃ。国際ファクタリングなんかと呼ばれたりするな。
  • ヒロコ
    国際ファクタリングは私も初めて聞きました!
  • チョウタツ王
    そうじゃろう。ぶっちゃけ、あまり知られていない方法じゃ。
    しかし国際ファクタリングを得意とするファクタリング会社にうまく巡り会うことができれば貿易に関係するファクタリングも問題なく通すことが可能なのじゃ。
国際ファクタリング
  • 皆川社長
    どんな会社に申し込みをすれば良いですか?
  • チョウタツ王
    そうじゃのう、ひとまず国際ファクタリングを専門としているファクタリング会社を見つけるのじゃ。そしてその会社に対して相手先の国がこの国で、ファクタリングの対象となる売掛債権がこんな感じで、と、まずは相談してみることから始めるべきじゃな。
  • 皆川社長
    必要書類とかって普通のファクタリングと同じですか?僕の会社で用意すべき書類って・・・?
  • チョウタツ王
    普通のファクタリングとは残念ながら異なる。

    海外が絡むファクタリングとなると依頼先の国際ファクタリング会社も海外のファクタリング会社と提携して手続きを進めなければならないというケースも往々にしてあるのじゃ。

    そのため信用状はもちろんのことその他取引の内容を証明する書類や、場合によってはファクタリングを申し込む会社そのものの情報なども要求されることがあるぞい。早めに用意しておいた方が良いじゃろうな。
  • 皆川社長
    分かりました。じゃあ、その辺の書類を用意して国際ファクタリングに強い会社さんにあたってみます!
    でも国際ファクタリングに強い会社ってそんなに多くないんですよね?
    一体どうやって見つけたら良いのだろう。
  • チョウタツ王
    最近はファクタリングの一括査定のサービスもあるぞい。
  • ヒロコ
    最近話題の一括査定サービスですね♪
  • チョウタツ王
    そうなんじゃ。ファクタリング会社はもはや星の数ほど存在すると言っても良いほど増えてきておってな、最近は特に条件がシビアなファクタリングの場合は複数の会社に一括して査定を依頼できるサービスを使った方が良いじゃろう。

    一軒一軒電話してあたってみるのもよいのじゃが、それだとあまりにも時間がかかるというケースもある。

    ただでさえ忙しい経営者なのだから、その辺りについては出来る限り時間を短縮して動いて行った方が良いじゃろうな。
  • 皆川社長
    分かりました。じゃあ、一括査定サービスに申し込んでみて国際ファクタリングに強いファクタリング会社を探してみます!

    僕の貿易ビジネスは始まったばっかりだけど、このファクタリングで窮地を乗り越えていつか間宮社長みたいに車を買ってかっこよくヒロコちゃんをデートに誘うんだ!
  • ヒロコ
    まさか本人の前で決意表明するとは思わなかったわ。でもドライブ楽しみにしてるわね♪



今回のまとめ

貿易ビジネスのファクタリングは専門のファクタリング会社で対応可

日本国内には現在多くのファクタリング会社があり、それぞれのファクタリング会社の強みに合わせてファクタリング先を選ぶことによってより色良い結果を得ることができるようになっています。

ただしそんな日本国内のファクタリング事情にもかかわらず、そしてどんなにそれが良い売掛債権であるにも関わらずファクタリングを受け付けてもらえないケースが存在します。それが海外が絡む売掛債権の場合です。

特に貿易業などで海外や信用状が絡む売掛債権については回収リスクが常につきまとうことから専門知識を持っている・あるいは専門的なノウハウのあるファクタリング会社でなければ申し込みを断ることがほとんどです。

事実として貿易関係の売掛債権をファクタリング会社に持って行ったとしても、ほとんどの会社で審査を受けることすらなくお断りされるというのが現状です。


これはファクタリング会社もリスクを取って売掛債権の買取を行っているわけですから、
回収のノウハウがない業界については手を出せません。

これは理にかなったことでもあります。

しかし、これらの理由での審査落ちというのは基本的に個人信用情報が問題があって審査落ちになる話とはまた毛色の違う話となります。

特に申し込んだ経営者の方の状況に問題があって審査に落ちたというわけではありませんので、きちんと条件が良くノウハウを持っている国際ファクタリングに長けているファクタリング会社に依頼をすることで、ファクタリングの契約をすることが可能です。

しかし、国際的なファクタリングを受け付けている国際ファクタリング会社はあまり日本国内に多くはありません。

そのためどうしても、貿易関係や海外が絡むビジネスへの売掛債権を売却して現金化したいという場合には国際ファクタリング会社を一から探していく必要があります。

ただ、ファクタリング会社も今や星の数ほどあると言っても決して過言ではないほど爆発的に増加しています。

こうなると、どのファクタリング会社が優良なファクタリング会社か、という判断をしなければならなくなります。

こういった時には無理に自分で判断しようとせず、ファクターを紹介している権威のあるサイトなどで紹介されている国際ファクタリング会社に連絡を入れるというのが一番効率的で一番安全な方法と言ってよいでしょう。

少なくとも、そのサイトの中で口コミなどの様々な情報があるようであれば、まともな会社かどうかという心配材料が一つ消えるというわけです。

そもそも、

A:まともなファクタリング会社かどうかも分からない状態で申し込みをする

B:ある程度事前に情報のあるファクタリング会社に申し込みをする

なら、後者の方が精神衛生上も良いのは言うまでもありません。

きちんとサイト掲載基準に適合したファクタリング会社であれば安心できる接遇も期待できますし、わからないポイントがあればきちんと説明してもらえるという可能性も大幅にアップします。

このように、ファクタリング会社はきちんとサイトで掲載されていて、信頼性のある会社を選ぶとよいでしょう。

特に国際ファクタリングの場合は海外のファクタリング会社との提携なども必要になってくることから、特段に信頼のおけるファクタリング会社に依頼をするのがおすすめです。

ただし、ファクタリングはあくまでも一時的な資金調達方法であることを覚えておきましょう。

ファクタリングは手数料が発生しますので、本来入ってくる売上の80%から90%程度の金額しか会社に入ってこないというわけです。

このあたりのリスクもきちんと考えた上でビジネスを進めていけば問題ありませんが、常日頃からファクタリングに頼っていて入金額が毎回10%以上少ないというような状況になってはいけません。

とは言え、会社にお金がなくて資金ショートを起こすよりはファクタリングで現金を手に入れて、安心した状態でビジネスの再建を図った方が良いでしょう。

ここでは厳選されたファクタリング会社を多数紹介しています。

もちろん一括査定も可能です。

24時間いつでも、一括査定のお申し込みをお待ちしておりますので会社の資金繰りに困っている経営者さんは国際ファクタリングでなくともまずはご相談ください。

専任のスタッフがより良い選択肢をスピーディーにご提示させていただきます。