信用情報ブラックの個人事業主が絶対的な窮地からファクタリングでV字回復した実例を紹介

信用情報ブラックの個人事業主が絶対的な窮地からファクタリングでV字回復した実例を紹介

いま自営業をされている経営者の方の中には、個人信用情報が完全にブラックで、もはや頼れるのは己の腕一本!という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

信用ブラックでお金が借りられない経営者さんも、絶対に諦めないでください!

ファクタリングという方法があります。

登場人物紹介

  • 謎の男性

    謎の男性

    謎の男性(のちのチョウタツ王)
  • ヒロコ

    ヒロコ

    チョウタツ王のもとで助手として働く。
    ファクタリングについて日夜研究中。
  • 渡社長

    渡社長

    渡社長



おしゃれなカフェバーにて
  • ヒロコ
    (渡社長、おそいなあ)
  • 渡社長
    ヒロコちゃん、お待たせ。ごめんね遅くなっちゃって!
俺が渡だ
  • ヒロコ
    渡社長!私もちょうど今来たところです♪
  • 渡社長
    そっか、良かった !
    その割に顔が赤いから、多分何杯かやってるな)
  • ヒロコ
    じゃあ、渡社長との初飲み会に乾杯!♪

~~


  • ヒロコ
    最近、渡社長って本当にイケイケでビジネスやっててかっこいいですよね♪
  • 渡社長
    そうかな?今でこそこうやって社長をやらせてもらってるけど、昔は色々大変だったんだよ。携帯の分割も審査に落ちて契約できないくらい、大変だったんだ。
  • ヒロコ
    え? 社長にもそんな時期があったんですか?
  • 渡社長
    そうだよ。あれはもう10年以上前の話になるけどね・・・

~~


  • 渡社長
    俺の家は昔からあまり裕福なほうではなくてね、学校でもなんとか早く就職したりしてお金を手に入れよう、将来はビッグになろう、ということだけを考えて勉強を頑張ってきたっていう節があるよ。
  • ヒロコ
    そうだったんですね。
  • 渡社長
    ああ。まあ学校のクラスメイトの中には明らかに将来が次期社長で確定しているやつもいたけどね。

    そいつは当時から明らかに2代目って感じで勉強とかも全然頑張ってなかったけど、俺はそいつに絶対負けないようにと思って頑張ってきたんだ。

    ま、俺、そいつより今稼いでるけど♪(笑)
  • ヒロコ
    (あ、これぜったい皆川社長のことだ)
  • 渡社長
    とにかく勉強頑張って大学に進んで、そこで経済学を学んだ後は一気に自由業としてデビューしたんだ。
  • ヒロコ
    当時からIT関係だったんですか?
  • 渡社長
    そうだよ。当時はWeb広告ビジネスが生まれたてくらいの時期でね。ガラケーで見られるようなホームページの需要がたくさんあった。

    お客さんから1ページ10万円で注文をとってホームページを作って納品する。そんな繰り返しだった。

    本当に当時は自分一人で仕事をしていたから毎日寝る時間もなくて大変だったよ。

    でもある時体を壊してしまって、しばらく作業ができない時期が続いたんだ。

    本当に事情を分かってくれて、それでもなお仕事を振ってくれるお客さんの仕事だけをしていた感じ。

    仕事の作業もできないとなるとやっぱり収益もガタ落ちで、しばらくは消費者金融なんかに頼った時期もあった。

    当時はまだ審査が緩くて、自営業でもバンバンお金を借りられたからね。
  • ヒロコ
    今では総量規制なんかもあって、なかなか自営業の人だとお金の借り入れはできないケースが多いですもんね。
  • 渡社長
    そうなんだ。それでもやっぱり体調が悪くて仕事ができない日々が続くと当然借りたお金も返済できなくなってきて、最終的には本当にギリギリのギリギリまで行った。
  • ヒロコ
    社長が言うギリギリって相当なんでしょうね
  • 渡社長
    うーん。何か良い例はないかな。そうだ、携帯の機種変更ってあるでしょ?
  • ヒロコ
    ありますね。私も2年に1回は必ず機種変更しています♪
  • 渡社長
    その機種変更がまずできない。
  • ヒロコ
    ええ!?
  • 渡社長
    機種変更って、携帯の代金を分割して払うことで頭金なしで契約できるんだけど、その審査にそもそも通らない。
  • ヒロコ
    そんな事ってあるんですか!?
  • 渡社長
    ちろんあるよ。携帯ショップで手続きを待っていると、スタッフのお姉さんなんかが、「申し訳ありません少々お待ちください」と言って奥に引っ込んじゃうんだ。
  • ヒロコ
    何かあったんですかね?
  • 渡社長
    ただの手続き上のことかと思うじゃない?でも違うんだ。お店の奥の方で電話が鳴っていて、それが終わると今度は男性のスタッフが僕のブースに来るんだ。

    それで「お客様大変申し訳ございません、分割の審査の方で少々問題がございまして…この度はご契約を見送らせていただくこととなりました」なんて言われて契約終了。

    本当に惨めだったよ。
  • ヒロコ
    そんなこともあるんですね。
  • 渡社長
    それからの俺はもう、会社の経営者として銀行の融資を受けることも当然できないし、大きくビジネスをやろうと思っても元手がないからスタートダッシュを決めることもできない。

    携帯の契約ができないくらいならまだ良かったんだけど、そんな風になってくると外注のデザイナーさんとかにも色々お願いしていた仕事があってその支払いに困るようになったんだ。

    そこでよくある個人事業主向けのビジネスローンに頼ろうと思ったんだけど、あれも結局は個人事業主本人の個人信用情報がブラックだと借り入れができないんだ。

ビジネスローンチョウタツ王
※イメージ画像
  • 渡社長
    そうなるといよいよ体調が悪い中で、鬼のような電話とかメールとか来るようになるんだ。

    携帯が鳴り止まないってよく言うけど、リアルに携帯が鳴り止まないんだよ。督促の電話で。

    そのうち携帯を開くのも怖くなっちゃって、あの時は本当にもうどうしようもなかった。
    なんとか早めに支払いをしてもらえないかと思って、事情を知っている会社さんに頭を下げたんだけど…
  • ヒロコ
    ダメだった、ですか?
  • 渡社長
    そう。やっぱり会社さんとしても支払いサイクルがあるから、それを早めることはできないと言われてしまって、若かった俺はもうダメだと思って人生を捨てようとしていたんだ。
  • ヒロコ
    そんなに壮絶な苦労をしてきたんですね…(キュン)
  • 渡社長
    それがね、その時が苦労の底だったんだ。あれは忘れもしない、ある日の夕方だった。
    なんとなく橋の欄干にまで来ていて色々と思いを巡らせていた時に、声をかけられた。
  • 謎の男性
    「大丈夫ですか?顔色が悪いですよ。あなたを見ていると、もしかして会社のことで何か悩んでいるのではありませんか?」って。
  • 渡社長
    なんとなく全部を見透かされたような気がして、確か年上だったと思うんだけど、思い切って色々話をしてみたんだ。
    そしたらその人は何て言ったと思う?
  • 謎の男性
    なんだそんなことか。すぐにでも解決できますよ。
  • 渡社長
    まず一番最初に思ったのは、なんだこいつっていう話。
    信じられるわけないだろう?何かの励ましか勧誘かと思って断ろうと思ったんだけど、どうもその人は
  • 謎の男性
    今確定している売上を売却すればすぐにでも現金化できる
  • 渡社長
    ということをずっと言っていたんだ。

    もちろん精神的にはもう限界ギリギリまで来ていたから、その人の言っていたこともよく覚えてないくらいなんだけど、とにかく相手先の会社さんに出している請求書を集めろって言われたんだ。
  • 渡社長
    騙されたと思ってもいいから集めてくれ、私は人助けをしたいんだ
  • 謎の男性
    そんな風に言われたことを覚えているよ。
    もうどうにでもなれと思ってその人の言う通りにしたんだ。
    よくあるじゃない、こういうサクセスストーリー。

    窮地に立ってある日突然ヒーローが現れてそこから成功して行くみたいな。
    俺の場合はマジでそうだったんだ。
    結果から言うと、当時あまりまだ知られていなかったファクタリングを使うことでびっくりするぐらいのスピードで口座に入金があったんだ。
  • ヒロコ
    あら、ファクタリングを使ったんですね!でもそのくらいの時期ってあまり知られてなかったんじゃないですか?
  • 渡社長
    そうだね。まだ業界自体もそこまで成熟していなかったと思う。今と違ってね。

    でも、実際にその人の言う通りに会社に電話をして売掛債権を買い取ってもらえないかと連絡をしてみたら、すぐにでも請求書を送ってくださいと言われたんだ。

    そして請求書を送ってみると、これがビックリ。話がすぐに通った。

    翌日にはもう、手数料は取られちゃったけど売上金が入金されてきたんだ。あれだけ相手先の会社さんに渋られ続けた入金が、すぐに入った。

    その時俺は思ったね。

    世の中には知っておかないと大きく損をすることがあるって。

    そこからは一念発起したと言うか何と言うか、時代の波に乗れたのもあったんだけど一気に会社の流れも変わったし、デザイナーさんも入金があったことで信頼してくれてさらに良い仕事を早い納期でこなしてくれるようになった。
  • ヒロコ
    それで今の社長があるというわけですね♪
  • 渡社長
    そうだね。こんな苦労をしているって他の人に知られたくないから、これは俺とヒロコちゃんだけの秘密だよ!
  • ヒロコ
    分かりました。何か秘密を共有するっていい感じですね♪
  • 渡社長
    (やった、恋愛ハウツー本に書いてあった、秘密を共有する作戦がうまくいった♪)
喜ぶ渡社長
  • 渡社長
    それにしてもあの時の人にまだお礼を伝えていなかったなあ。
    いやに背が低くて、ヒゲを生やしていて、やたらと資金調達に詳しかったんだ。
  • ヒロコ
    えっ、社長、それって・・・
チョウタツ王



今回のまとめ

個人信用情報がブラックだとビジネスの借り入れもNG! でも諦めなければ道は開けます

いま自営業をされている経営者の方の中には、個人信用情報が完全にブラックで、もはや頼れるのは己の腕一本!という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

また個人事業主としてキャリアをスタートしたときと、今現在の事業内容が異なるという方もいらっしゃることでしょう。

特に、前にやっていた商売の関係でビジネスローンや個人向けローンなどを全て借り尽くしてしまい、返済が滞っているために個人信用情報が真っ黒というケースもあるでしょう。

個人信用情報は完済する以外にも自己破産や債務整理をするという方法によってホワイトにリセットする方法もありますが、なかなか実行には移せない事情があるというケースもあります。

そんな時には文字通り命綱がないわけですから、自分の体が動かなくなってしまうと会社も動いていきません。資金繰りも当然すぐに悪化してしまいます。

ですが、日頃から健康に気をつけているにも関わらず人生生きていると様々な場面で仕事をすることができないという時期が必ず発生すると言っても良いほど。

こうなってしまうと完全に生活が立ち行かなくなるというケースもあります。

家族がいる場合にはなおさらです。

しかし、そんな状況下でも決して諦める必要はありません。

もう一度言います。

信用ブラックでお金が借りられない経営者さんも、絶対に諦めないでください!

ファクタリングという方法があるんです。

その方法を使えば今までずっと悩んできたお金の問題を解消する糸口が見つかるんです。

個人事業主といっても、きちんと商売として回っているのであれば売掛債権を持っているというケースもあるのではないでしょうか?

客先が法人である場合などについては「月掛け」で仕事をしているというケースもあるでしょう。

そんな時には現金が手元になくとも、数ヶ月後であれば間違いなく請求書を出しているので入金が期待できますよね。

でも数ヶ月後じゃ遅すぎる。

そんな時にはファクタリングで、信用情報ブラックでも現金調達が可能です。

その取引先からの入金、早ければ翌日にでもすることができます。

ファクタリングは日本国内で1970年代からある方法ですが、ビジネスローンや手形の台頭であまり有名にはなりませんでした。

しかし21世紀に入ってからというもの、ビジネスローンや個人向けのカードローンなどで借り入れができない経営者の間でファクタリングが有名になり、今すぐに・それも厳しい審査などなしに資金調達ができる方法として知られるようになりました。

ファクタリングは自分が持っている売掛債権をファクタリング会社に手数料を差し引いて買ってもらうという方法です。

そのため融資などで頭を下げつつお金を借りるということではなしに、正々堂々と売上金として受け取ることができるようになっています。

また、融資ではないという性質上、総量規制の対象にもなりませんし、そもそも現時点で借り入れがあったとしても全く審査には影響しません


審査の対象となるのは大きく分けて、売掛先企業がきちんとした企業であるかどうかというポイントと、今までにその企業ときちんと取引があり、入金されてきたという履歴があるかどうか、というポイントに焦点が当たります。

これらのポイントさえクリアできているようであれば、CICやJICCなどの信用情報ブラックで、それでも腕一つで仕事をしてきた経営者の方でもお金を用意することはできます。

個人信用情報が完全にブラックで、カードローンや携帯の分割契約すらできないという人でも、すぐにでも売掛債権を現金化することが可能です。

これにより経営を立て直すことも出来ますし、売掛金が大きければ大きいほどその場で入ってくる現金も大きなものになります。

精神的にもビジネス的にも非常に安定すると言ってよいでしょう。

ファクタリング会社は今や100社を超える勢いで存在します。

今回登場した若き日の社長がファクタリングをした頃は、そこまで多くのファクタリング会社が存在しませんでした。

しかし、今日現在では非常に幅広い選択肢の中からファクタリング会社を選ぶことができるようになりました。

どうやってファクタリング会社を選べば良いかよくわからないという方もいらっしゃることでしょう。

少しファクタリングで検索してみると数多くの会社が上がってくるからです。

しかしご安心下さい。

ファクタリングはファクタリングの一括査定サービスに申し込むことで様々なファクタリング会社からの見積額を取り寄せて確認することができるようになりました。

しかもそのファクタリング会社は一括査定サービスに加盟している・あるいは加入している厳選されたファクタリング会社となりますので安全性も抜群です。


これにより経営者の方の負担を最大限に軽減した上で売掛債権をすぐにでも現金化できるような、そんなファクタリング業者を探すことができるというわけです。

カードローンなどの申し込みの場合は、経営者の方が日中どうしても電話に出ることが必須だったり、あるいは実際に店舗まで足を運ぶ必要がありました。

申し込みも日中の時間帯でなければNGというケースもありました。

しかしファクタリングは違います。

ファクタリングは24時間365日いつでもWEBから申し込み可能です(対応は営業時間内)。

会社によっては24時間営業の体制で待機している会社もあるほどです。

またファクタリング会社はローン商品を提供している会社ではありませんので、あくまでも売掛債権を買い取ることができるかどうかという部分で判断をします。

金融機関の融資審査担当のような、あの独特のピリピリとした雰囲気を醸し出している社員は多くはありません。むしろ、どうすれば会社の経営を立て直すことができるかどうかを、親身になって相談してくれる社員もいます。

心配することは何もありません。

今手元に請求書を送った後の売掛債権があるのなら、すぐにでもファクタリング一括査定サービスであなたの会社の売掛債権を買い取ってくれる会社を探しましょう。

もちろん相手先に知られないうちに、ファクタリング契約をすることができる2社間ファクタリング契約に対応している会社も多数存在します。