人と話をしたくないIT社長が資金繰りの方法としてファクタリングを選ぶストーリー

人と話をしたくないIT社長が資金繰りの方法としてファクタリングを選ぶストーリー

十人十色とはよく言ったもので、人には様々な性格や性質、そして得意分野と不得意分野があります。

人と接することが苦手で自営業という道を選んだという経営者の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

いざ資金繰りに詰まってしまうとそれらを曲げて苦手な人との接触をしなければならないということも、ビジネスの世界ではどうしても存在します。

しかし、これらはできる限り避けたいものですよね。

登場人物紹介

  • チョウタツ王

    チョウタツ王

    中小企業経営者を支援する資金調達界の救世主。
    ファクタリングを世に広めるため日々活動中。
  • ヒロコ

    ヒロコ

    チョウタツ王のもとで助手として働く。
    ファクタリングについて日夜研究中。
  • タロウ

    タロウ

    イベント会社を経営している。



研究所で事務仕事
  • チョウタツ王
    ふう。最近皆川社長の会社に入り浸りでなかなか研究所の仕事ができておらんかったのう。

    最近は皆川社長もなんとなくビジネスうまくいっているようだし、今日くらいはゆっくりとこちらの研究所で事務仕事に打ち込んで行こうかのう、ヒロコ。
  • ヒロコ
    そうですね。書類もきちんとまとめていかなきゃいけませんし、事務仕事もたくさん溜まってしまいました。

    あら、チョウタツ王、珍しく相談のメールが来ています。
  • チョウタツ王
    珍しいのう、年がら年中資金繰りに困っている皆川社長なんかは毎回電話してくるからのう(笑)
  • ヒロコ
    メール、開いてみますね。
メール開封
  • ヒロコ
    「チョウタツ王さま。

    お世話になります。初めてメールさせていただきます。私はイベント会社を経営しているタロウといいます。メールでの相談でも大丈夫ですか?」

    と来ています。
  • チョウタツ王
    メールでの相談ももちろんOKじゃ。最近は時代の波についていかなければならないからのう。
    しかしワシはメールはあまり得意ではないからヒロコ、代わりに返信してくれんか。
  • ヒロコ
    わかりました。

    「こんにちは(^^)♪ ヒロコです! チョウタツ王の事務所で働いているスタッフです。ご相談をお伺いしますよ♪」
  • チョウタツ王
    出会い系みたいじゃな
  • ヒロコ
    まあまあ、相手が若そうなのでこちらもちょっとポップな感じでメールしてみたんです♪
    あ、すぐに返信がきました!
  • チョウタツ王
    特急じゃな
  • ヒロコ
    「ありがとうございます!
    本来であれば電話であったりアポイントを取った上で直接お会いしてご相談をさせていただくべきなのですが、どうしても私が対人恐怖症のため、こちらのメールにてご相談させていただくご無礼をお許しください。」

    とのことです。返信しますね。

    「わかりました!全然大丈夫ですよ。どんなところでお困りですか?」

ピコン♪


  • タロウ
    「実は私はイベント会社を経営しており、様々なイベント事業を今まで成功させてきた経営者です。しかしご存知の通り私は対人恐怖症。」

ピコン♪


  • タロウ
    「対人恐怖症の人間でもこのような華々しいイベント事業を成功させることができるのだぞ、と世間にアピールしていきたいと思い会社を立ち上げました。」
  • ヒロコ
    なるほどなるほど、なかなか人と接するのが怖いという社長さんなんですね。
  • チョウタツ王
    元々経営者は特殊な能力を持っている人が多いからのう、そういうこともあるじゃろうて。
  • ヒロコ
    あ、連続でメールがきました。

ピコン♪


  • タロウ
    「実際にイベント自体は、現場に出ることができるスタッフを雇って対応してもらったりしています。私は普段から自分の部屋よりスタッフに指示を送ったり経営判断をして日々を過ごしています。」

ピコン♪


  • タロウ
    「しかし、今回大きなイベントごとがありその集客を任されました。」

ピコン♪


  • タロウ
    「その時にどうしても集客がうまくいかず、会社のチャンスだと思って営業活動を行ってくれる学生インターンの子達を大量に採用したんです。
イベント
  • ヒロコ
    なるほど、なんとなく見えてきたわね。
  • チョウタツ王
    うむ。
  • ヒロコ
    またメールが来ました!
  • チョウタツ王
    ちょっと思うんじゃが、最近の若い子って長文打てんのか?
  • ヒロコ
    まあまあ。

ピコン♪


  • タロウ
    「完全成果報酬型でも良かったと思っていますが、それだとモチベーションにならないと思い、確実にこれだけの報酬を支払うのでといった形で全員と業務委託契約を締結しました。

ピコン♪


  • タロウ
    「彼らはものすごく頑張ってくれて人を集めてくれたのですが、いざイベント前日になって蓋を開けてみると予約が全然振るわず、イベント自体も集客の部分以外のところで失敗があり、結果的にイベントは失敗に終わってしまいました。」
  • チョウタツ王
    まあイベントは水物とよく言ったりするからのう。

ピコン♪


  • タロウ
    「私の甘いところだったのですが、イベントが成功しなかった場合でもきちんと報酬を支払うという契約をしてしまっており、またイベンター側からは支払いをしてもらうことができず完全に手詰まりの状況です。」

ピコン♪


  • タロウ
    「どうしても人件費の支払いはしなければなりませんし、次に私の会社にお金が入ってくるのは前回や前々回のイベントのコンサルティング費用ですが、これは再来月末の入金なんです。」

ピコン♪


  • タロウ
    「それまで給料を待ってくれないかと交渉しようと思ったのですが、学生インターンの子達は影響力がとても大きくSNSなどで情報拡散されてしまうと、もう私はこの仕事をできなくなってしまいます。」

ピコン♪


  • タロウ
    「大変わがままなお願いで恐縮なのですが、なんとか最低限の接触で借り入れなどをする資金調達の方法を教えていただけませんでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。」
  • ヒロコ
    メールが止まりました。
  • チョウタツ王
    あ、これが既読待ちってやつじゃな。
既読待ち
  • チョウタツ王
    状況はわかったぞい。 本来であれば直接話を聞きたいところじゃが、まあできる限り人と接触することなく資金調達をしたいという社長さんもおるじゃろう。

    よし、ではいくつかこちらから質問してみてくれ。
  • ヒロコ
    「ご相談ありがとうございます。状況は分かりました。いくつか質問させてください。

    ・現在社長さんはビジネスローンの借り入れは可能そうですか?
    ・支払いまでの猶予を教えてください
    ・イケメンですか?私はちょっと髪の長い男の子がタイプです
    ・仮に資金調達がOKな場合、電話でのやり取りは大丈夫ですか?」
  • チョウタツ王
    ちょっと待て1個おかしいのあったぞ
  • ヒロコ
    ものすごいスピードで返信が来ました!
  • タロウ
    「・ビジネスローンはやったことがないので分かりませんが、個人の名義で消費者金融から借り入れがありその支払いも遅れています
    ・支払いまでの猶予は一週間ちょっとあります
    ・電話でのやり取りくらいなら大丈夫だと思います」
  • チョウタツ王
    イケメンのくだりがスルーされとるじゃないか

    オホン。ではヒロコ、売掛債権がどのくらいあるか確認しておくれ。
  • ヒロコ
    状況は分かりました。

    ではビジネスローンという方向性ではなく、既に持っている売掛債権を売却して現金化する方法を選びましょう。今、売掛の請求が確定している物があると伺いましたが、相手先は法人さんですか?」

ピコン♪


  • タロウ
    「はい。何件かありますが相手はすべて上場企業さんのメディア事業部やイベント事業部です。
  • チョウタツ王
    それならファクタリングで問題なかろうて。
  • ヒロコ
    そうですね。上場企業ならまずファクタリングの契約がNGになることはなさそうですね。

    「ご連絡ありがとうございました。 それであれば恐らくファクタリングという方法ですぐにでも売掛債権を現金化して、問題を解決することができそうです。」

ピコン♪


  • タロウ
    「ファクタリングという方法があるのですね。私は何をすれば良いですか?」
  • ヒロコ
    「まずは既に請求が確定していて、相手先に送られている請求書を用意してください。
    そしてその次に、今までに社長さんの口座にその上場企業さんから入金されてきた送金記録を用意して下さい。通帳などで構いません。」
ファクタリングで必要になる書類

ピコン♪


  • タロウ
    「その辺はすぐに用意できます。何しろ自宅で仕事しているので。」
  • ヒロコ
    「イベントの請求書やセールスプロモーションに関係する書類で取引の内容を証明できるものはありますか?」

ピコン♪


  • タロウ
    「それに関してもばっちりです。A型なので。」
  • ヒロコ
    「よかったです。ファクタリングは申し込み自体はWebから24時間365日可能なので、社長さんのお好きなタイミングで申し込みフォームから申し込みをするだけでOKですよ。」

ピコン♪


  • タロウ
    「その後は連絡は来ますか?」
  • ヒロコ
    「その後は様々なやり取りの関係でメールや電話が来ることがありますが、直接対面でファクタリングの取引を行わなければならないという会社はそこまで多くはありません。」

ピコン♪


  • タロウ
    「本当に良かった。融資だと、どんなに頑張っても一度は相手先に顔を出さなければいけないと聞いていたので。」

ピコン♪


  • タロウ
    「まずはやってみます。一旦失礼します。」
  • ヒロコ
    ・・・やっぱり人と接することが苦手だけれども、社会に何か貢献したいという人がいらっしゃるのですね。
  • チョウタツ王
    そうじゃのう、これも時代の流れじゃのう。

~翌日~


メール到着
  • ヒロコ
    チョウタツ王、昨日の社長さんからメールです。

ピコン♪


  • タロウ
    「チョウタツ王さま、ヒロコさま、昨日はメールでの相談に乗っていただきまして本当にありがとうございました。」

ピコン♪


  • タロウ
    「あの後すぐ必要な書類を揃えてファクタリング会社さんに連絡を入れてみました。」

ピコン♪


  • タロウ
    「すると驚くべきスピードで連絡があり追加書類を送付してほしいと言われました。」

ピコン♪


  • タロウ
    [その追加書類も昨日アドバイスをいただいた通りのものだったので、スムーズに送ることができました。」

ピコン♪


  • タロウ
    「結果的に先ほどファクタリングの契約が成立しまして、相手先に知られることなく売掛債権だけ先に現金化することに成功しました!」

ピコン♪


  • タロウ
    「これから久しぶりに外に出て、銀行に行ってきます!」

ピコン♪


  • タロウ
    「本当にありがとうございました。」

ピコン♪


  • タロウ
    「お金の悩みがないってここまで素晴らしいものなんですね!
    これからも経営には注意しつつ仕事を頑張っていきます。この度は本当にありがとうございました。」
  • ヒロコ
    良かったですね、メールでの相談って初めてだったのではありませんか?
  • チョウタツ王
    初めてとは言わんが、なかなかはここまでチャットのような形でやり取りをするということはなかったのう。

    それにしても、この短文連打何とかならんか。
  • ヒロコ
    まあ、なにはともあれ、社長さんがまた一人救われて良かった良かった♪



今回のまとめ

社長のスタイルに合わせたファクタリングで

十人十色とはよく言ったもので、人には様々な性格や性質、そして得意分野と不得意分野があります。

経営者の方だからといって、営業に長けているということは決してありません。

人と接することが苦手で自営業という道を選んだという経営者の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ビジネスがうまくいっている時であれば、自分の自由に様々な行動をとることができるのですが…いざ資金繰りに詰まってしまうとそれらを曲げて苦手な人との接触をしなければならないということも、ビジネスの世界ではどうしても存在します。

しかし、これらはできる限り避けたいものですよね。

人と接することがただでさえ苦手だ、あるいは苦痛だという経営者の方にとって特に資金繰りの関係で人と直接接触をしたりするのは想像を絶するほどの苦痛です。

これらの資金繰りの場合、融資を受けるというのが日本では第一の選択肢になりがちです。

しかし、これらも銀行融資であれば必ず担当者と何度も何度も面接を重ねなければなりませんし、カードローンなどを使うにしても場合によっては一度店舗まで足を実際に運んでそこで審査を受けなければならないという負担があります。

電話だって、融資の場合は相手先に様々なことを伝えてその上で審査を待たなければならないという大きな心理的負担がのしかかってきます。

そうなると会社の経営以前の問題に社長さんのメンタルに大きな支障をきたしてしまうことにもなりかねません。

特に小規模のビジネスの場合は社長さんが現場からリタイアしてしまうと会社自体が回らなくなってしまうこともありますし、そうになると一気に業界で悪評が広まってしまい抜け出せない負のスパイラルに突入してしまうこともあるでしょう。

しかしファクタリングという選択肢を取ることによって、この資金繰りに関する問題は少なくとも解決に向かうことが可能です。

もしいま、お手元に来月の末・あるいは再来月の末に入金されてくる予定の請求済売掛金がある場合には、もう社長さんの資金繰りに関する問題は8割がた解決したと言っても過言ではないでしょう。

ファクタリングという選択肢で、今すぐにその売掛債権を現金化できる可能性があるからです。

銀行であれば営業時間内に連絡をしなければならないなどの制約がありますし、カードローンの場合も個人信用情報機関に情報問い合わせをすることができる時間が決まっている関係上、実際に電話などで申し込みができる時間には限りがあります。

しかしファクタリングはこのような個人信用情報を使わない現金化の方法となりますので24時間365日いつでもWebから連絡を取ることが可能です。

ファクタリング会社によっては24時間365日体制で、悩める経営者の方からの連絡を受けるべく電話窓口を開設しているという会社もあるほどです。

とにかく好きなタイミングで、ファクタリング会社に連絡を入れることができるというわけです。

その後の折り返しの連絡はありますが、それも審査に関して根掘り葉掘り聞かれるというようなことはなく淡々と売掛債権についての説明を行い、必要な書類を先方に送付するだけ。

売掛債権の相手先が上場企業や官公庁などであれば債権自体のリスクもほとんどありませんので審査に関する心配はほぼしなくても良いと言って良いでしょう。

さらに嬉しいことに銀行融資の場合は、借り入れがOKになった場合でも実際入金までにタイムラグがありますが、ファクタリングは早ければ即日で現金化が可能です。

最近は銀行口座の着金も24時間365日になりましたので、対応している金融機関の口座を持っていれば夜でも現金をゲットできるというわけです。

特に資金繰りに切羽詰まっていると、夜でもいいから直接資金を持参するようにと言われてしまうケースもあるでしょう。

あるいは24時間の金融機関同士ですぐに振り込みをするようにと言われているケースもあるのではないでしょうか?

こういったケースにも柔軟に対応することができ、早々と資金に関する問題を解決することができるのがファクタリングというわけです。

今回は、厳選されたファクタリング会社をご用意しました。

これらのファクタリング会社は親身になって経営者の方々のお悩みに対応している会社たちとなります。

少なくともビジネスローンやカードローンの申し込みのように緊張する必要は全くありません。

基本的にファクタリング会社は商売ということもありますが、それを差し引いても経営者の方達の味方です。

安心してまずは連絡を入れてみるところから始めてみませんか。